黒沢咲、ウラ3の倍満炸裂!! 門前セレブ麻雀で松ヶ瀬隆弥を退ける!!【Mリーグ2022-23 / レギュラーシーズン 】

黒沢咲、

ウラ3の倍満炸裂!!

セレブ麻雀で松ヶ瀬隆弥を

退ける!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2022-23」の49日目、第2戦は黒沢咲TEAM RAIDEN / 雷電)が、トップを獲得。東2局にバイマンツモアガリを決めた黒沢が快勝。新婚の村上は3着争いに勝利、辛くもラスを東城に押し付けた。

第2戦の対局者は、赤坂ドリブンズ村上淳EX風林火山松ヶ瀬隆弥セガサミーフェニックス東城りお、そして黒沢の4名。

村上リードで迎えた東2局3本場、西家・黒沢と北家・東城りおのリーチ合戦は黒沢のツモって決着。タンヤオのドラシャンポン待ちを安めながらツモアガリ。しかしウラが3枚乗って4000・8000! 強烈な一撃で黒沢が一気にトップ目に躍り出る。

黒沢は次局、村上から5200点を出アガリ、さらに次局は松ヶ瀬から12000点を仕留めてダントツ状態に。

黒沢はラス親でフリテンリーチをかけて、さらに加点を目指す。が、村上が3着を確定させるタンヤオ・ドラ2の3900点を松ヶ瀬からアガって試合終了。

黒沢が新年から目の覚めるような、豪快な麻雀を見せつけて個人3勝目を手にした。

黒沢はインタビューで、

「後期初スタートということで萩原さんにも自分の最高スコア塗り替えるくらいで行ってきてと言われたり、監督からも自由に後悔がないようにというチームのスローガンを言ってもらっていたので、捲られたらごめんなさいと思いながら豪快に行ってしまいました(笑)」

と語った。

【Result】
1着 黒沢咲・雷電 4万6500点/+66.5
2着 松ヶ瀬隆弥・風林火山 2万7100点/+7.1
3着 村上淳・ドリブンズ 1万5800点/▲24.2
4着 東城りお・フェニックス 1万600点/▲49.4

【Total】
1位 渋谷ABEMAS +347.6(48/94)
2位 EX風林火山 +296.5(50/94)
3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +187.8(48/94)
4位 U-NEXT Pirates +105.2(48/94)
5位 TEAM RAIDEN / 雷電 +71.5(50/94)
6位 KADOKAWAサクラナイツ ▲157.9(48/94)
7位 セガサミーフェニックス ▲401.2(50/94)
8位 赤坂ドリブンズ ▲449.5(50/94)

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs風林火山vsフェニックスvs雷電

詳細情報
赤坂ドリブンズvsEX風林火山vsセガサミーフェニックスvsTEAM RAIDEN / 雷電

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「この熱狂を”もっと”外へ」。Mリーグ2022-23の戦いはここからはじまる!!新Mリーガー3名を加え、全チーム4名体制、32名でのシーズンとなる。全8チームで各94試合レギュラーシーズンを行い、セミファイナルシリーズではレギュラーシーズン上位6チームで各20試合を実施、ファイナルシリーズはセミファイナルより上位4チームに絞られ、各16試合実施し優勝チームが決定する。2022-23シーズンでは赤坂ドリブンズEX風林火山TEAM雷電がチーム体制変更レギュレーション対象と対象となり、ファイナルステージへ進出しなければ最低1名の入れ替え、または追加によってチーム編成を変更しなければならない。

キャスト

赤坂ドリブンズ
EX風林火山
セガサミーフェニックス
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:日吉辰哉
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs風林火山vsフェニックスvs雷電

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 近代麻雀戦術シリーズ新刊!