遠かったその背中、遂に視界に捉えども…… 村上淳の前に立ちはだかった、「無慈悲なオーラスの女王」【Mリーグ2022-23観戦記1/27】担当記者:渡邉浩史郎

遠かったその背中、
遂に視界に捉えども……
村上の前に立ちはだかった、
「無慈悲なオーラスの女王」

文・渡邉浩史郎【金曜担当ライター】2023年1月27日

第1試合

東家:白鳥翔渋谷ABEMAS
南家:岡田紗佳KADOKAWAサクラナイツ
西家:瑞原明奈U-NEXT Pirates
北家:村上淳赤坂ドリブンズ

Mリーグもいよいよ後半戦だ。下位チームにはこれからのすべてが条件戦、そんな一日の始まり。

この日も村上は苦しんでいた。

トップが何よりも欲しいチーム事情・個人事情。
長らく見放されていたトップの背中は【東2局1本場】、岡田の6000オールツモでまたも遥か遠くに霞んでいった。

村上の試練は続く。【東2局2本場】、再びの岡田の先制リーチ。待ちは【3ピン】【6ピン】だ。

リーチを受けた瞬間の村上の手牌、赤赤ドラの超勝負手。
しかし【發】を仕掛ける前提だと一転してピンチに。【發】ポンをするなら安全牌のドラ【9ピン】を切っての赤赤3900よりも、通っていない【3ピン】【6ピン】を押し通しての8000に魅力があるからだ。
現状通っている筋も少ない状況。一筋開拓でのマンガン聴牌は十分見合うと判断してもおかしくない。
面前聴牌ならリーチの分で打点を補えるため、【9ピン】切りで放銃回避の道もある。
祈るように引いた牌は……

【2ピン】! これなら瞬間は【3ピン】【6ピン】が出ないうえに、スライドも可能だ!

巡目こそかかったものの、聴牌! しかしここでも神は村上に選択を迫る。

まずは【2ピン】【5ピン】どっちを切るか。
【5ピン】を切れば【1ピン】【4ピン】【7ピン】の上【1ピン】が現物・一気通貫もつく。しかし肝心かなめの【1ピン】が三枚切れ。おまけに切りだす【5ピン】【2ピン】【5ピン】【5ピン】【8ピン】二筋に掛かっている、いわゆる両無筋だ。
【2ピン】を切れば一筋で済むが、最大打点と一枚の【1ピン】の分の待ちを失う。

さらにはリーチかダマか。既にマンガンあるので打点的には申し分ない。
リーチと行けばこの一局で岡田をまくってトップ目に立てるチャンスが生まれる。
一方でダマにすれば脇から【1ピン】がこぼれたり、後の危険牌で降りの選択ができるというのが一般的な理由。

村上の決断は……

【5ピン】を切って、リーチだ!

【5ピン】切りリーチに至った思考を簡単に言語化するなら
①ベタ降りしているように見える白鳥・瑞原からは、自分が【2ピン】【5ピン】を打ち抜いた時点で甘い牌は切らないだろう。
②前々巡の岡田の【1ピン】にベタ降りの二人が【1ピン】を合わせていない。押している自分の裏筋である【1ピン】は通った巡目に処理しておきたいところのため、今切られないということは持ってなさそう。岡田の第一打が【1ピン】のため、残り一枚は山の中か。
ダマテンにしたところで岡田のリーチに回して聴牌を取り切れる無筋は【3ピン】【6ピン】を引いての【9ピン】切りスライドのみ。
④だったら山にいそうな【1ピン】も待ちに含めて捲り合いに持ち込み、あわよくばこの手を跳満倍満のアガリにして一発逆転の抽選を受けよう。

といったところだろうか。

そんな村上の、決死の選択を……

あざ笑うかのように、そこに偶然【6ピン】は置かれていた。

打点こそ2600点の放銃だが、このチャンス手がつぶれたことが何より痛い。

思わずがっくりとうなだれる村上。

【東2局3本場】でも再びチャンス手が入るが……

何も入らない・聴牌すら取れないの地獄モード。

しかし村上は諦めない。その長い競技人生の、底ともいえるような絶望的な不運・巡りあわせ。それを「そういうもの」と受け入れてこその麻雀、「オカルトバスターズ」なのだ。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \ほぼ毎日4コマ 最新④巻 好評発売中!/