猿川真寿を救いたい【Mリーグ2023-24観戦記 3/4】担当記者 #徳岡明信

猿川真寿を救いたい

文・徳岡明信【月曜担当ライター】2024年3月4日

2024年も早3月に突入し、Mリーグのレギュラーシーズンも終盤戦を迎える。

赤坂ドリブンズU-NEXT Piratesの2チームが頭2つ程抜け出し
一時期500pオーバーを記録していたKADOKAWAサクラナイツが200pを切るような状況だ。

そして何と言っても注目は下位のボーダー争いだ。
6~9位までが100p以内にひしめき、1戦1戦がまさに運命を左右する勝負所となる。

これまでのポイント変動を見ると、3位のKADOKAWAサクラナイツまではまだ全然安心出来ない。

戦いは更なる火花を散らし激化する。

第1試合
東家:浅見真紀(赤坂ドリブンズ)
南家:伊達朱里紗(KONAMI麻雀格闘倶楽部)
西家:猿川真寿(BEASTJapanext)
北家:岡田紗佳(KADOKAWAサクラナイツ)

東2局1本場

先制は浅見、イッツー確定のカン【5マン】リーチ。

仕掛けるは猿川、一発消しも込みで【4ソウ】をチーして前に進める。

一発目の浅見のツモはなんと【赤5マン】
猿川のファインプレーで浅見の3000/6000が阻止される。

追いついた岡田も奇しくも浅見と同じカン【5マン】待ちだ。

ウーマン達の【5マン】を巡るめくり合いだ。

その【5マン】を吸収して猿川もテンパイ。

そのまま猿川が2軒リーチを交わし切る効果的なアガリ。
一発消しのチーでアガリを阻止し、自分でアガリ切る手応えありの好スタートだ。

その後、1局挟んでの東4局

岡田に大チャンス手のイーシャンテンが入る。
ここに来て急失速のチームを立て直す為には今シーズン好調の岡田が再びチームに活気を与えるトップが必要だ。
もちろん岡田も意識はしているだろう。
チームのエース格と言っても過言では無い活躍で自信も経験値も付いてきた。

伊達にダブドラの【赤5ソウ】が重なりこちらも勝負手のイーシャンテン。
伊達もMVPや4着回避率の狙える位置に付けている。
本人もそこはしっかり意識していると公言している。

ここで一撃を決めてMVPに繋がるトップが欲しい所だ。

岡田が【7ソウ】のポン。
イーシャンテンからイーシャンテンの仕掛けだが、くっつきテンパイの形に変化して受け入れの枚数が格段に上がる。
【2ソウ】【3ソウ】【4ソウ】【5ソウ】【6ソウ】のチーも可能で、この【7ソウ】に声が出るのは素晴らしい反応だ。

絶好の【6ピン】引きで伊達がテンパイ。
迷いなくリーチを宣言し、勝負を決めにいく。

浅見も打点、形ともに価値のあるイーシャンテンだ。
迷わず一発目にドラ表示牌の【4ソウ】をノータイムでプッシュ!
迎撃態勢はバッチリだ。

オンナ同士の激しいぶつかり合い必至の局となってきた。

岡田も押しに押す。
【1ピン】【2マン】と伊達に全く通っていない牌をスッと切っていく。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀新刊&おすすめ/