堀慎吾、圧倒的な攻撃力で卓上を蹂躙!! 9勝目タイを得て、個人6位に躍進!!【Mリーグ2023-24 / レギュラーシーズン 】

堀慎吾、圧倒的な

攻撃力で卓上を蹂躙!!

9勝目タイを得て、

個人6位に躍進!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2023-24」の93日目、第2戦は堀慎吾KADOKAWAサクラナイツ)が、トップを獲得。東場の猛攻で点棒をかき集めた堀が圧勝。9勝目タイを勝ち取って個人6位に一気に浮上した。

第2戦の対局者は、赤坂ドリブンズ渡辺太KONAMI麻雀格闘倶楽部滝沢和典BEAST Japanext鈴木大介、そして堀の4名。

東3局4本場、親番の堀が【中】バックの1500点を渡辺からアガる。微差ながら堀が3着目からトップ目に浮上する。

同5本場、チャンタ・ドラ1のテンパイを入れていた滝沢がドラの【3ソウ】をツモ切り。するとリーチの渡辺ではなく、堀のヤミテンがさく裂。タンヤオイーペーコーの7700点。

続く6本場、1フーロしてチンイツのテンパイを入れた堀に、鈴木と渡辺のリーチが襲い掛かる。結果は堀が渡辺を返り討ちに。12000点を加点して堀がダントツ状態に。

さらに7本場には、滝沢が渡辺のリーチの現物をツモ切っただけで堀に12000点の放銃となる。ピンフタンヤオイーペーコー・赤2のヤミテン。

これらの連続アガリで堀が特大トップを獲得。個人順位を6位へと大きく伸ばした。

堀はインタビューで、

「(3連続4着後のトップについて)うれしいです。今日はよくアガれたんで、楽しかったですね。(至極の一局は)ポンテンのチンイツ、東3局6本場かな? ペンカン【7マン】の場況がそこそこよくて今ならひょっこり出アガリなんてこともあるかなと思っていたところ、すぐリーチ リーチと来て一発目、破れかぶれ【2ソウ】押したんですよ。すぐ(【7マン】)が出て、やっぱやめらんないすよね麻雀」

と語った。

【Result】
1着 堀慎吾サクラナイツ 7万4000点/+94.0
2着 鈴木大介・BEAST 2万9700点/▲0.3
3着 滝沢和典麻雀格闘倶楽部 4200点/▲35.8
4着 渡辺太・ドリブンズ 2100点/▲57.9

【Total】
1位 U-NEXT Pirates +515.4(82/96)
2位 赤坂ドリブンズ +403.5(84/96)
3位 KADOKAWAサクラナイツ +263.8(84/96)
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +119.4(82/96)
5位 渋谷ABEMAS +66.0(82/96)
6位 セガサミーフェニックス ▲305.2(82/96)
7位 BEAST Japanext ▲333.8(84/96)
8位 EX風林火山 ▲364.0(82/96)
9位 TEAM RAIDEN / 雷電 ▲365.1(82/96)

大和証券 Mリーグ ドリブンズvsサク ラナイツvs麻雀 格闘倶楽部vsBEAST

3月4日(月) 19:00 〜 3月5日(火) 00:00

詳細情報
赤坂ドリブンズvsKADOKAWAサクラナイツvsKONAMI麻雀格闘倶楽部vsBEAST Japanext

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「この熱狂を”もっと”外へ」Mリーグ2023-24の戦いはここからはじまる
今期より新チーム「BEAST Japanext(ビーストジャパネクスト)」を加えた9チーム、新Mリーガー7名の誕生、計36名でのシーズンとなる。
2023-24シーズンでは新レギュレーションが適用され、KADOKAWAサクラナイツU-NEXT Piratesがチーム体制変更レギュレーション対象となり、
セミファイナルステージへ進出しなければ最低1名の入れ替えによってチーム編成を変更しなければならない。
賞金5000万円と優勝シャーレの栄光を手にするチームはどこだ?!

キャスト

赤坂ドリブンズ
KADOKAWAサクラナイツ
KONAMI麻雀格闘倶楽部
BEAST Japanext
実況:日吉辰哉
解説:谷井茂文
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ ドリブンズvsサクラ ナイツvs麻雀 格闘倶楽部vsBEAST

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀新刊&おすすめ/