猿川真寿、熾烈なトップ争いを制して BEAST、7位浮上!! ボーダー戦線さらに過熱!!【Mリーグ2023-24 / レギュラーシーズン 】

猿川真寿、熾烈な

トップ争いを制して

BEAST、7位浮上!!

ボーダー戦線さらに過熱!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2023-24」の93日目、第1戦は猿川真寿BEAST Japanext)が、トップを獲得。ラス前に伊達に痛恨のバイマン放銃を喫した猿川だったが、オーラスにハネマンをツモり返して逆転勝利。BEASTを一気に7位に押し上げた。

第1戦の対局者は、赤坂ドリブンズ浅見真紀KADOKAWAサクラナイツ岡田紗佳KONAMI麻雀格闘倶楽部伊達朱里紗、そして猿川の4名。

東場を原点の3着折り返した猿川、南2局12巡目にピンフタンヤオサンショク・高めイーペーコー・赤2という弩級のテンパイを入れてヤミテンにかまえる。直後に、すでにテンパイを入れていた岡田から高めの【5ピン】が打たれて12000点。トップ目からの直撃で、猿川が一気にトップ目に躍り出る。

南3局2本場、ドラの【白】アンコの伊達のリーチに猿川が飛び込む。そしてなんとウラドラも【白】で16000点。一転して伊達がトップ目に。

オーラス2本場、親の岡田がリーチをかけるがツモアガったのは猿川。メンホン・チートイツの3000・6000で再度逆転し、猿川が個人7勝目を獲得した。

BEASTは7位に浮上し、ボーダー争いはますます熾烈を極める。

猿川はインタビューで、

「いや~ 疲れましたね~。自分から疲れにいっちゃったみたいな感じになっちゃって…。せっかくいい展開でトップまでいって、あそこから3着まで落ちそうになって、トップで終わって結果オーライかなみたいな感じですね、はい」

と語った。

【Result】
1着 猿川真寿・BEAST 4万7000点/+67.0
2着 伊達朱里紗麻雀格闘倶楽部 3万8500点/+18.5
3着 岡田紗佳サクラナイツ 2万1000点/▲19.0
4着 浅見真紀・ドリブンズ ▲6500点/▲66.5

【Total】
1位 U-NEXT Pirates +515.4(82/96)
2位 赤坂ドリブンズ +461.4(83/96)
3位 KADOKAWAサクラナイツ +169.8(83/96)
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +155.2(81/96)
5位 渋谷ABEMAS +66.0(82/96)
6位 セガサミーフェニックス ▲305.2(82/96)
7位 BEAST Japanext ▲333.5(83/96)
8位 EX風林火山 ▲364.0(82/96)
9位 TEAM RAIDEN / 雷電 ▲365.1(82/96)

大和証券 Mリーグ ドリブンズvsサク ラナイツvs麻雀 格闘倶楽部vsBEAST

3月4日(月) 19:00 〜 3月5日(火) 00:00

詳細情報
赤坂ドリブンズvsKADOKAWAサクラナイツvsKONAMI麻雀格闘倶楽部vsBEAST Japanext

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「この熱狂を”もっと”外へ」Mリーグ2023-24の戦いはここからはじまる
今期より新チーム「BEAST Japanext(ビーストジャパネクスト)」を加えた9チーム、新Mリーガー7名の誕生、計36名でのシーズンとなる。
2023-24シーズンでは新レギュレーションが適用され、KADOKAWAサクラナイツU-NEXT Piratesがチーム体制変更レギュレーション対象となり、
セミファイナルステージへ進出しなければ最低1名の入れ替えによってチーム編成を変更しなければならない。
賞金5000万円と優勝シャーレの栄光を手にするチームはどこだ?!

キャスト

赤坂ドリブンズ
KADOKAWAサクラナイツ
KONAMI麻雀格闘倶楽部
BEAST Japanext
実況:日吉辰哉
解説:谷井茂文
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ ドリブンズvsサクラ ナイツvs麻雀 格闘倶楽部vsBEAST

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀新刊&おすすめ/