鈴木優、南場の猛攻で一気呵成!! 個人10勝目を獲得してPirates、800Pt超え!!【Mリーグ2023-24 / レギュラーシーズン 】

鈴木優、南場の

猛攻で一気呵成!!

個人10勝目を獲得して

Pirates、800Pt超え!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2023-24」の107日目、第1戦は鈴木優U-NEXT Pirates)が、トップを獲得。東場をリードした松本に、親被りさせるハネマンをツモった鈴木が逆転勝利。佐々木の猛追も一歩及ばず。鈴木は次戦も、MVPチャレンジへの登板に意欲をのぞかせた。

第1戦の対局者は、KONAMI麻雀格闘倶楽部佐々木寿人渋谷ABEMAS松本吉弘セガサミーフェニックス醍醐大、そして鈴木の4名。

東3局、北家・松本が4巡目リーチを一発ツモ。ピンフ・高めタンヤオ・ウラ1の3000・6000で東場を制す。

南2局、西家・佐々木の先制リーチに16巡目に追いついた南家の鈴木はリーチを敢行。【5ピン】【8ピン】待ちの高めドラの【8ピン】ハイテイでツモアガリ。ピンフ・赤1・ドラ1・ウラ1・ハイテイの3000・6000で松本に親被りさせて、鈴木がトップの座に着く。

南3局、鈴木はリーチの醍醐からピンフタンヤオイーペーコー・赤1の親マンガンを召し捕って、リードを広げる。

その後佐々木の猛追にあうが、オーラスも鈴木が自ら2000点を松本から討ち取って試合終了。鈴木が10勝目をあげて、Piratesに800ポイントを超える大きなトップをもたらした。

鈴木はインタビューで、

「今日で全日程終了するわけじゃなく、明日もまだ試合は残っているんですけど、いったん暫定首位の瑞原さんまで7万900点のトップで上に立てるというのはあったので、それを目指してはいたんですけど…。チーム内ではトップを取ったらもう一戦いってこいと言ってはいただいてるので、おそらくもう一戦チャレンジできるんじゃないかなと思ってます」

と語った。

【Result】
1着 鈴木優・Pirates 4万2800点/+62.8
2着 佐々木寿人麻雀格闘倶楽部 3万5500点/+15.5
3着 松本吉弘・ABEMAS 2万800点/▲19.2
4着 醍醐大・フェニックス 900点/▲59.1

【Total】
1位 U-NEXT Pirates +800.3(95/96)
2位 赤坂ドリブンズ +394.9(94/96)
3位 KADOKAWAサクラナイツ +216.3(94/96)
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +102.1(95/96)
5位 渋谷ABEMAS ▲19.9(95/96)
6位 EX風林火山 ▲114.9(94/96)
7位 BEAST Japanext ▲299.1(94/96)
8位 TEAM RAIDEN / 雷電 ▲484.5(96/96)
9位 セガサミーフェニックス ▲595.2(95/96)

大和証券 Mリーグ 麻雀 格闘倶楽部vsABEMASvsフェニックスvsパイレーツ

3月28日(木) 19:00 〜 3月29日(金) 00:00

詳細情報
KONAMI麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックスvsU-NEXT Pirates

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「この熱狂を”もっと”外へ」Mリーグ2023-24の戦いはここからはじまる
今期より新チーム「BEAST Japanext(ビーストジャパネクスト)」を加えた9チーム、新Mリーガー7名の誕生、計36名でのシーズンとなる。
2023-24シーズンでは新レギュレーションが適用され、KADOKAWAサクラナイツU-NEXT Piratesがチーム体制変更レギュレーション対象となり、
セミファイナルステージへ進出しなければ最低1名の入れ替えによってチーム編成を変更しなければならない。
賞金5000万円と優勝シャーレの栄光を手にするチームはどこだ?!

キャスト

KONAMI麻雀格闘倶楽部
渋谷ABEMAS
セガサミーフェニックス
U-NEXT Pirates
実況:日吉辰哉
解説:土田浩翔
レポーター:伊藤友里
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ 麻雀 格闘倶楽部vsABEMASvsフェニックスvsパイレーツ

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀新刊&おすすめ/