驚異の高校1年生雀士現る!! 優勝は島村奈菜さん!!【高校女子オープン大会 2018・夏】

2017年の8月1日(牌の日)に開催され好評を博した「麻雀最強戦PRESENTS 高校女子オープン大会」。

その第4回となる「高校女子オープン大会 2018・夏」が8月3日(金)、12時より開催された(司会・実況:小林未沙/解説:多井隆晴/ゲスト:廣岡璃奈,日向藍子)。

6人の高校女子によるトーナメント戦の結果、島村奈菜さんが優勝を果たした。

島村奈菜さんには主催の「近代麻雀」よりぼのぼののぬいぐるみ、協賛の大洋技研株式会社より家庭用全自動麻雀卓アモスJP、さらに来年2月に行われる、全国健康麻将選手権の出場チケットがが贈られた。

また、出場者の強い要望におされた「近代麻雀」星野信夫編集長より、第5回大会が2018年12月24日に開催されることが発表された。

【関連記事】

驚異の高1女子雀士現る!! 優勝は高山結理さん!!【高校女子オープン大会 2017・冬】
優勝は廣岡璃奈さん!!【高校女子オープン大会 2017・夏】
優勝は當麻寧々さん!!【高校女子オープン】
【近代麻雀】新企画始動!! 麻雀最強戦PRESENTS 高校女子オープン大会開催!!

今回参加してくれた高校女子たちは次の6名。

▲佐藤えみなさん
長澤頼花さん
宮本ひなのさん
弓田香凛さん
長澤聖愛さん
島村奈菜さん

1回戦は、弓田・佐藤・宮本・頼花の対局。

着順は、頼花・宮本・佐藤・弓田となり、頼花・宮本のの2名が決勝進出を決めた。

2回戦は、聖愛・佐藤・弓田・島村の対局。こちらは佐藤・島村・弓田・聖愛の着順となり、佐藤・島村が勝ち上がった。

決勝戦は、頼花・宮本・佐藤・島村のならびでスタート。

開局は佐藤のリーチがかかるが、これは流局してしまう。

局面がおおきく動いたのは東4局。島村がスルーからのポン。ドラのをアンコにして、ホンイツの3面待ちをツモりあげ、親のハネマンをアガって大きなリードをものにした。

さらに次局、島村はツモリ四暗刻を宮本から撃ち取り、さらに8000点の加点。5万点の大台にのせ、リードを盤石にする。

 

こうなると、連荘のないルールが他の者を苦しめる。懸命に条件に見合う手を各家の真剣さは、とても高校女子とは思えないそれだった。

オーラスは、頼花が準優勝を決めるリーチを佐藤からアガり、対局を終えた。

優勝した島村はまだ1年生。たしかな手筋は解説の多井隆晴プロもお墨付きを与えたほど。今後が楽しみな女性雀士がまた誕生した。

▲見事な手順でアガった島村の親ハネマン▲ダメ押しとなったトイトイ・サンアンコー

最終結果

佐藤:12,000点
宮本:10,500点
頼花:26,000点
島村:51,500点
配信ページはコチラ。
FRESH!⇒ https://freshlive.tv/mahjongsaikyosen/225629
ニコニコ生放送⇒ http://live.nicovideo.jp/gate/lv314746278
※文中一部敬称略

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です