【麻雀最強戦2018】優勝は勝又健志プロ(日本プロ麻雀連盟)!!男子プロ代表決定戦 技術の極

10月21日(日)15時より、「麻雀最強戦2018 男子プロ代表決定戦 技術の極」が行われた(司会:小山剛志/アシスタント:長澤茉里奈/実況:梅中悠介/解説:金太賢・朝倉康心)。その模様はAbemaTV麻雀チャンネルにて生配信され、勝又健志プロ(日本プロ麻雀連盟)が優勝した。

優勝した勝又健志プロは、12月に行われる「麻雀最強戦2018 ファイナル」に出場することになる。
本日の対戦は「麻雀最強戦2018」の第14戦。

本日の対局メンバーは次の8名。
【A卓】鈴木たろう 角谷ヨウスケ 石橋伸洋 猿川真寿
【B卓】藤崎智 勝又健志 小林剛 近藤千雄

予選A卓からは、石橋・角谷、B卓からは、勝又・近藤が勝ち上がった。

 

 

▲A卓1位 石橋伸洋
▲A卓2位 角谷ヨウスケ
▲B卓1位  勝又健志 
▲B卓2位 近藤千雄

 決勝は、近藤 勝又 石橋 角谷の並びでスタート。

東1局は近藤と勝又のリーチ合戦、勝又のピンフ・イーペーコー・ドラ2のアタリ牌を近藤がつかみ、ウラが1枚乗って勝又の12000のアガリとなった。

さらに次局、勝又は親番でダブ・ホンイツを、リーチの角谷から討ち取って連続12000のアガリを決める。

勝又は早くも5万点台に乗せて独走態勢に入る。

東3局は近藤が先制リーチ。終盤にテンパイした親の石橋がリーチを宣言するも、宣言牌にロンの声がかかる。ウラドラが3枚乗って、近藤が8000点の大きなアガリをものにする。

その近藤、次局で再び石橋からリーチ・ドラ1・ウラ1の5200を討ち取って南入。

しかし勝又は南1局1本場、ハイテイでタンヤオ・ピンフ・ドラ1をツモアガって2位の近藤に29400点差をつけて近藤の親落としに成功。ぐっと勝利を引き寄せる。

さらに自身の南場の親で、角谷とのリーチ合戦に競り勝って3900を加点、6万点台に乗せる。

オーラスもカンをチーして、すぐさまタンヤオのテンパイを果たし、自らツモアガって決着をつけた。

5回のアガリ、放銃0というパーフェクトな卓回しが光った半荘だった。

最終結果

勝又 58,500
近藤 24,200
角谷  9,800
石橋  7,500

▲角谷から討ち取った値千金の3900

次回の「麻雀最強戦2018 」は11月4日(日)。

AbemaTV麻雀ch⇒ https://abema.tv/channels/mahjong/slots/EHhnozfUUfSeNb

(※文中敬称略)

麻雀最強戦公式サイトはコチラ。⇒ https://www.mahjong-saikyosen.com/