朝倉康心、これぞ精密麻雀の真骨頂! たった1度のアガリで3勝目奪取!!

朝倉康心、
これぞ精密麻雀の真骨頂!
たった1度のアガリで
3勝目奪取!!

12月3日に行われたプロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2018」。
1回戦は、U-NEXT Pirates・朝倉康心(最高位戦日本プロ麻雀協会)がトップを獲得。朝倉は個人3勝目、チームは4位にランクアップした。

対局者は、赤坂ドリブンズ・鈴木たろう(日本プロ麻雀協会)、セガサミーフェニックス・茅森早香(最高位戦日本プロ麻雀協会)、TEAM雷電・萩原聖人(日本プロ麻雀連盟)、そして朝倉。

並びは、萩原・朝倉・茅森・鈴木。

東1局、いきなり茅森がダブルリーチをかける。あわや地和かとおもわれたこの手だが、ダブルリーチ。ツモ・タンヤオ・イーペーコーのマンガンで先制に成功。

平たい状況で迎えた南2局1本場。11巡目に朝倉は、イーシャンテンからドラのを切る。そのおかげで、後に鈴木がリーチをかけるも、危険牌を切ることなく追いかけリーチ。首尾よく一発で討ち取って7700のアガリ。これで集団から抜け出す。

オーラスは萩原と茅森のリーチ合戦。とくに茅森は456のサンショクのカン待ち。ツモかハイテイツモなら、トップまでごぼう抜きというしびれる手。

しかし結果は流局。トップ朝倉、2位鈴木、3位茅森という並びでフィニッシュした。

朝倉は勝利者インタビューで「先月(11月)がめちゃくちゃ調子が悪くて100ポイント位負けていたので、今月最初にトップがとれて嬉しいです。南場の親番で、みんながイーシャンテンくらいのときに、ドラのを処理しての重なりを見てたんですが、うまくが重なって(鈴木)たろうさんのリーチのタイミングと合って、追いかけてラッキーで一発だったんですけど、その局のおかげですね。」と語った。

【Result】
1着 U-NEXT Pirates・朝倉康心(最高位戦日本プロ麻雀協会)3万4000点/+54.0
2着 赤坂ドリブンズ・鈴木たろう(日本プロ麻雀協会)2万4400点/+4.4
3着 セガサミーフェニックス・茅森早香(最高位戦日本プロ麻雀協会)1万1200点/▲18.8
4着 TEAM雷電・萩原聖人(日本プロ麻雀連盟)1万400点/▲39.6

【Total】
1位 赤坂ドリブンズ +184.8(43/80)
2位 EX風林火山 +150.5(42/80)
3位 渋谷ABEMAS +74.5(40/80)
4位 U-NEXT Pirates +4.5(43/80)
5位 TEAM雷電 ▲1.2(41/80)
6位 セガサミーフェニックス ▲74.7(39/80)
7位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲338.4(44/80)

◆大和証券Mリーグ2018 7チームが各80試合を行い、上位4チームがプレーオフに進出するリーグ戦。開幕は10月で翌年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。

(C)AbemaTV

大和証券 Mリーグ ドリブンズvsフェニックスvs雷電vsPirates