近代麻雀プレミアリーグ後期第6節B卓レポート

2015年8月から最強戦CHで配信されている「近代麻雀プレミアリーグ後期」の各節レポート

後期より月1回で2節を一気に生放送するシステムに変更した近代麻雀プレミアリーグ。今回の出場選手は前期から連続出場となる小林剛・鈴木達也・藤田晋・佐々木寿人、さらに後期より出場の村上淳滝沢和典鈴木たろう和久津晶の8名となった。

第6節B卓は、起家より藤田・達也・村上・和久津の並びとなる。
20151016_01手がぶつかったのが東3局。和久津がji6-66-90-s-embをポンしてホンイツへ進む中、まずテンパイを入れたのが西家の藤田だ。
20151016_0220151016_03目下ボーダーラインの藤田、ここは着実にリードを広げたい。だが、メンゼンの打ち手たちが次々に追っかけてきた。

つづきはコチラからご覧ください。

この記事のタイトルとURLをコピーする