二階堂亜樹、初勝利!! 今日だけは勝ちたかった!! 執念が掴んだ1勝!!




二階堂亜樹、初勝利!!
今日だけは勝ちたかった!!
執念が掴んだ1勝!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2019」の9日目第2戦は二階堂亜樹(EX風林火山)が、トップを獲得。
2回戦の対局者は、TEAM雷電・萩原聖人(日本プロ麻雀連盟)、赤坂ドリブンズ・村上淳(最高位戦日本プロ麻雀協会)、KADOKAWAサクラナイツ・沢崎誠(日本プロ麻雀連盟)、そして二階堂

東1局1本場、ドラのをアンコにした村上がリーチ。これに二階堂がピンフ・赤1で追いかけてツモアガリ。5200で二階堂が先行する展開となった。

次局、二階堂はポン、カンチーと仕掛けてリーチの萩原から討ち取る。ドラ1・赤1で3900を加点する。

南1局、沢崎がリーチ・ツモ・ドラ1・赤1のマンガンで二階堂にほぼ並ぶ。

次局は二階堂と沢崎のリーチ合戦。ここが天王山とばかりの一局、制したのは二階堂。沢崎からピンフ・ウラ1の3900で2番手を蹴落としにかかる。

南3局も二階堂が沢崎から、ダマテンで討ち取り。・赤1の2600点。

オーラスは二階堂が手牌を伏せて、流局・終了。二階堂が今期1勝目を掴み取った。

勝利者インタビューで二階堂は「今日どうしてもトップが取りたかったので、すごくうれしいです。ウチのチームはすでに2人(勝又・滝沢)がトップを取っていて、自分だけポイントもマイナスだったので、早めにトップが取れないといつまでも(トップが)取れない状態が続いちゃうんじゃないかと思ってましたと語った。

【Result】

1着 EX風林火山・二階堂亜樹 3万8800点/+58.8
2着 KADOKAWAサクラナイツ・沢崎誠 2万5600点/+5.6
3着 TEAM雷電・萩原聖人 1万9700点/▲20.3
4着 赤坂ドリブンズ・村上淳 1万5900点/▲44.1

【Total】

1位 セガサミーフェニックス +158.6(8/90)
2位 EX風林火山 +152.3(10/90)
3位 KADOKAWAサクラナイツ +119.5(10/90)
4位 渋谷ABEMAS +28.8(8/90)
5位 TEAM雷電 ▲73.3(10/90)
6位 U-NEXT Pirates ▲87.9(8/90)
7位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲107.8(8/90)
8位 赤坂ドリブンズ ▲190.2(10/90)

「大和証券 Mリーグ2019」

10月14日の対戦は
TEAM RAIDEN / 雷電vs赤坂ドリブンズvs EX風林火山vs KADOKAWAサクラナイツ

キャスト

TEAM RAIDEN / 雷電
赤坂ドリブンズ
EX風林火山
KADOKAWAサクラナイツ
実況:日吉辰哉
解説:小林剛
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ2019 雷電vsドリブンズvs風林火山vsサクラナイツ

この記事のタイトルとURLをコピーする