「ガラクタ」「ツモ番なし」度肝を抜く高宮まりのバイオレンスリーチ【熱論!Mリーグ】担当記者:山﨑和也

前局に高宮が園田にチャンタ三色ドラ1で、8000は8300点を放銃し、3着に落ちている。

トップに返り咲いた園田の勢いは止まらず、ドラを切って待ちのリーチをかけた。

高宮はここで打。「またファイトしていきましたね」と白鳥プロは苦笑する。園田の河を見ても現物のや筋のなどを切りそうなものである。親に当たると黒沢との点差を気にしなければならない。

次のツモは「無筋、無筋だよ!」と白鳥プロが警告するも届かず。構わず押していった。後ろは気にせず、前だけを見据えているようだ。

イーシャンテンをキープしていたところにを引く。ここで高宮の手が止まった。これも無筋だ。

 

唇を噛みしめて現物のを切って形を崩した。本当に悔しそうな様子だった。ただ、ここまでの押しで「また高宮がやってくれるんじゃないか」と期待した方も多いだろう。筆者もワクワクが止まらなかった。気づけば高宮にばかり注目してしまっていた。そうして時は進む。

最終盤。高宮はここでを切ればテンパイだ。だが、を切ると園田のアガりとなる。やめてくれ、今度こそ当たってしまう。止まってくれ。心の中でストップをかけている筆者がいた。

いや、あの目は行きたがっている。ここまで見てきた筆者はそう確信した。いやでもさっきを切ってオリてたし……ああもうハラハラして見ていられない。

行ってしまわれた。一度諦めたと見せかけて攻めていく、高宮の恐ろしいまでの攻めの姿勢がここでも牙を剥いた。「とんでもないですよ」「行けない、普通は行けない。すげー」と白鳥プロ。

今回は裏目に出たが2900点で済んだのは幸いだったか。高宮に後悔はなさそうだった。

最後はオーラスを見ていこう。

前局の南3局1本場で勝又が園田から8000点を加点し、トップに大きく近づいた。

トップ条件としてはほぼ勝又と園田の争いに、ラス親の黒沢がどれだけアガれるかといったところ。高宮は倍満ツモが必要と、かなり厳しい状況となっている。

少し進んで高宮はこの手牌。全員の中で一番まとまっていた。

そしてほどなく待ちのテンパイ。いやはや恐ろしいもので、裏が乗るか一発ならまさしく倍満の条件を満たすのである。山にはが4枚もあった。最後まで目が離せない。

トップの勝又は(満貫までは打てる)あえて放銃する選択肢もあった。だが、「打点が読めないので」と勝又は警戒していたようで、しっかり丁寧に対応していった。実際に差し込んでいたら跳満直撃で、トップが入れ替わっており危ないところだった。

最後はラス親で攻めるしかなかった黒沢がポンからのを打ち、高宮のアガりとなった。12000点の加点で2着に浮上。こうして戦いは幕を閉じた。

最後まで大暴れした高宮。2着となったが、17.3ポイント以上のものを視聴者達に残したに違いない。

矢や鉄砲が激しく飛び交う中で最終的にトップを収めたのは軍師勝又。さすがというよりない。これで5勝目を挙げ、現時点で個人最多勝となった。チームもトップに立っている。

「誰も真似ができない」とはいわゆるセオリーから外れたものである。現代では非効率などとあしらわれてしまうかもしれない。だが、常識外の行動に人々は熱狂する。そして何かしらのアクションを与える。そういったプレーをする人こそ、本物のプロなのではないか。

興奮したり、のけぞったり、ハラハラしたり。一局を終えて筆者の心は満足感でいっぱいだった。

(C)AbemaTV

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!