パイレーツのエンジンは俺に任せろ!石橋伸洋は沈まない【熱論!Mリーグ】担当記者:真中彰司

その後も役牌バックを主体に、3900点以上の手を作っていく。

相手にプレッシャーをかけ続けるも、日向に上手く捌かれて南場に突入した。

南2局

今度はドラ3のチャンス手。

を早めに切ってしまうとドラの対子を読まれてしまうため、ここは切り。

カン待ちになった時の出やすさも上げている。

を引き入れ、789の三色が見えるイーシャンテン。

日向に一気に追いつくためにも、この手は絶対にアガりたい。

しかし、寿人から打たれたはスルー。

鳴けばで満貫の片アガリに取れるが、この手はを引いても満貫になる。

ソーズの上は場に安く、は自力でも引けそうだ。

そして狙い通りを引き入れ、

のテンパイ!

これに飛び込んでしまったのが親の日向。

のターツを落とすときに、

から先に打っていたのだ。

守備面を考えた切り順のつもりが、

で12000点の放銃となってしまった。

セガサミ―の茅森早香に匹敵するレベルで「オコ」の顔をしている日向。

今日の日向、アガリを重ねてはいるが、極端に守備に回りすぎてメンツを取りこぼしたりと、どうにもキレが無いのが心配だ。

3

石橋はこの局も軽快に仕掛けていく。

をポンして形を整えてから…

手からスッとを打ち出した。

黒い!黒すぎる!

打点は不要で、とにかく早く佐々木の親を流したい局面。

カンを出やすくしつつ、危険なを先に処理した。

もしを引いたら、と入れ替えればよい。

がフリテンになっている分、他のターツよりはやや鳴きやすい。

中打点の仕掛けに高打点のヤミテン、そして終盤のゲームメイク…点棒を持たせたら本当に恐ろしい選手である。

しかし、魔王・佐々木寿人が黙っているわけがない。

今回はガラクタじゃない!好形で親リーチをかける。

石橋もイーシャンテンではあったが、ここでの放銃は御法度。

現物のを抜いて即座に対応した。

寿人にとっては優雅な1人旅…のはずだったが、下家にいるのは石橋。

オリに回っていても、ただでは転ばない選手だ。そこにがツモ切られる。

相手は魔王だし、一仕事しておくか。チー!」

自分がアガれなくても、決してサボらない。

寿人のハイテイをずらすためにを鳴いて切り。

ハイテイに眠っていたのは、

寿人のアガリ牌になるはずだった

もし寿人がツモっていたら、2600オール以上のアガリになっていた。

数字には残らないが、チームの素点を守るファインプレーをやってのけた。

はアタリか!危なかった

この記事のタイトルとURLをコピーする

ツイッターでも毎日情報を発信中!