和久津晶、 ニヤニヤが止まらない! 連勝となる2勝目獲得!!

和久津晶、
ニヤニヤが止まらない!
連勝となる2勝目獲得!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2019」の53日目第1戦は、和久津晶セガサミーフェニックス)がトップを獲得。和久津自身は昨年末の初トップに続いて2連勝。チームは3連勝で雷電に並ぶポイントとなった。

1回戦の対局者は、赤坂ドリブンズ丸山奏子EX風林火山二階堂亜樹KONAMI麻雀格闘倶楽部前原雄大、そして和久津。

前原のリードで迎えた東3局、その前原が8巡目にリーチをかける。すると役無しのカン待ちでヤミテンしていた親の丸山、をチーして一発消しを兼ねた待ちのタンヤオに待ちをチェンジする。すると、二階堂に食い下がったのは前原の一発ツモだった! 丸山、マンガンの親かぶり回避に成功する。

割を食ったのは前原。和久津の追いかけリーチに一発放銃してしまい、リーチ・一発・ドラ2の8000点を失う。この展開のアヤが利した和久津がトップ目に立つ。

南1局、和久津はのシャンポン待ちでリーチを敢行(ドラ)。これに親番でテンパイを入れていた前原がで放銃。さらにマンガンを加点し、和久津がリードを広げる。

オーラスは、二階堂と2着を競っていた丸山がタンヤオ・ドラ1・赤1をツモってマンガンのアガリをものにする。

和久津が逃げ切って連勝となる2勝目を獲得した。

勝利者インタビューで和久津は「ちょっとニヤニヤが止まらなくて、最後あいさつも忘れるぐらい緊張しました。まだうちのチームは、完全に私が足を引っ張ってしまっているので、景気づけにトップ取りたいなと思っていたらドラがいっぱい来てくれて、ラッキーでした」と語った。

▲インタビューでポーズを決める和久津晶選手

【Result】
1着 和久津晶・フェニックス 3万5300点/+55.3
2着 丸山奏子・ドリブンズ 3万1000点/+11.0
3着 二階堂亜樹・風林火山 2万2400点/▲17.6
4着 前原雄大麻雀格闘倶楽部 1万1300点/▲48.7

【Total】
1位 KADOKAWAサクラナイツ +265.4(52/90)
2位 渋谷ABEMAS +136.7(52/90)
3位 TEAM雷電 98.0(52/90)
4位 セガサミーフェニックス +97.9(53/90)
5位 EX風林火山 ▲41.0(53/90)
6位 U-NEXT Pirates ▲55.9(52/90)
7位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲84.3(53/90)
8位 赤坂ドリブンズ ▲416.8(53/90)

「大和証券 Mリーグ2019」

1月7日の対戦は
ドリブンズ vs 風林火山 vs 麻雀格闘倶楽部 vs フェニックス

キャスト

赤坂ドリブンズ
EX風林火山
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
セガサミーフェニックス
実況:小林未沙
解説:白鳥翔
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE
大和証券 Mリーグ2019 赤坂ドリブンズvsEX風林火山vsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsセガサミーフェニックス

この記事のタイトルとURLをコピーする

ツイッターでも毎日情報を発信中!