Xデーへ向け、村上淳がひた走る!運命を分けた、たった1牌の守備ゴマとは【熱論!Mリーグ】担当記者:ZERO

熱論!Mリーグ【Tue】

Xデーへ向け、

村上淳がひた走る!

運命を分けた、たった

1牌の守備ゴマとは

文・ZERO【火曜担当ライター】2020年2月18

開局

6000オールをツモった村上のほおは…

すでに紅潮していた。その村上は語る。

「最初から、めちゃくちゃ緊張してしまった」

これまでに数多の大舞台を経験している村上が、これほどまでのプレッシャーを感じているのだ。

残り12試合。ドリブンズはいよいよ崖っぷちに立たされていた。トップをとってプラスを計上したいものの、次に引くラスはとてつもなく重いものになる。リスクとリターンのとり方が非常に難しい。結局、自然に打つよりないのだが、それは頭でわかっていても実践するのはなかなか難しい。

本日はドリブンズを取り上げていこうと思うが、そのドリブンズを迎え撃つのが

この錚々たるメンバー。

東家 村上淳赤坂ドリブンズ

南家 茅森早香セガサミーフェニックス

西家 沢崎誠サクラナイツ

北家 多井隆晴渋谷ABEMAS

各チーム、惜しみなくエース級を投入してきて、ドリブンズを抑え込もうという腹か。思惑が交錯して、まさに終盤戦の様相を呈してきている。

競馬で例えると最後の直線の叩きあいだ。

さて冒頭の6000オールで幕を開けた村上だったが、私が凄いと感じたのは、その後の丁寧な守備である。

東1局1本場

村上が赤い顔をさらに赤くし、考え込んだのが次の手牌。

なんてことないイーシャンテンだ。を残せば三色目が残るものの、巡目的にそのような変化は望みづらく、私ならさして迷うこと無くを打つ場面だ。村上が迷っている理由は、全体牌譜を見ればわかる。

対面の沢崎にはが、上家の多井にはがそれぞれ安全牌。

しかし茅森に対しては安全牌が通りそうな以外ない。というわけで、三色変化というよりかは、安全牌としてを残しておきたいのだ。

それにしてもこのを残すかどうかで

ここまで集中し、ここまで真剣に、そしてここまで魂を注ぎ込むことができるだろうか。

いや、村上は理解しているのだ。

こういう何気ない一打が強者と弱者を分かつことを。

天国と地獄を分かつことを。そして、その後の運命を大きく変えることを。

村上は努力の人だ。

園田のように格段に地頭が良いわけではなく、たろうのように格段にセンスがあるわけでもない。

以前にも紹介したが、村上は

 

これまでの戦いを全てノートに記し、ひたすら勉強と研究に時間を費やしてきて、今があるのだ。

これだけ努力を積み重ねてきた村上が、1つの何気ない選択に顔を赤らめ、そして魂を注ぎ込んで選択しようとしている。私はそれを見ているだけで感動を覚えるし、やはり同年代のおっさんとして、ドリブンズを応援したくなる。

――人は努力だけでどれくらい麻雀が強くなるのか

その世界を覗いてみたくなるのだ。

結局村上はを切るまでに、30秒の時間を使った。

次の瞬間、その茅森からリーチが入る。

このリーチも鮮烈だった。

3段目にピンフドラ4のリーチである。そういえば、今日の茅森は一段と美しかった。

対局前になにかいいことがあったのか、微笑みを浮かべている。

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!