笑顔を浮かべた小林剛、苦渋に満ちた表情の勝又健志 そしてレギュラーシーズンは運命のラスト10戦へ【熱論!Mリーグ】担当記者:東川亮

熱論!Mリーグ【Thu】

笑顔を浮かべた小林剛、

苦渋に満ちた表情の勝又健志 

そしてレギュラーシーズンは

運命のラスト10戦へ

文・東川亮【木曜担当ライター】2020年2月20日

2/20、「大和証券Mリーグ」2019レギュラーシーズン開催80日目、第1回戦、南1局。

二階堂亜樹の手は、震えていた。

所属するEX風林火山は、7位からも大きくポイントを離されての最下位。

残り試合が少なくなってきた今、多くの試合でトップを取らなければいけないという状況である。

しかしこの試合も藤崎智KONAMI麻雀格闘倶楽部)に大物手をツモられ、抜け出されてしまった。

そして迎えた最後の親番、亜樹の手には打点が見える材料があったが、道中の選択が結果的に裏目となり、アガリを取ることはできなかった。

南1局、もし待ちを変えなかったら。

南4局、もしチーではなくポンをしていたら。

亜樹、痛恨の4着。

いよいよ、風林火山は苦しくなった。

第2回戦に登場したのは勝又健志

ミッションはトップ取り、そしてできることならば、この日の相手で最も順位が近いU-NEXT Piratesを4着に沈め、自分たちとのセミファイナル進出争いに引きずり込みたい。

第2回戦

東家:前原雄大KONAMI麻雀格闘倶楽部

南家:小林剛U-NEXT Pirates

西家:勝又健志EX風林火山

北家:黒沢咲TEAM雷電

東1局、勝又はいきなり出鼻をくじかれることとなる。

パイレーツ・小林がハネ満ツモ。

配牌からドラが暗刻、赤も引き入れた大物手を、鳴きを多用する小林が門前で仕上げた。

小林自身も、この一戦の重みを嫌というほど理解しているはず。

そこで訪れた僥倖に、「ロボ」「サイボーグ」と称され、役満放銃にすら表情を変えない男が、ニヤリと笑ったように見えた。

ただでさえ守備意識の高い小林がいきなりリードを作れば、点棒を剥ぎ取るのは至難の業だ。

しかし、だからと言って引き下がるわけにはいかない。

東3局、勝又は早い段階で好形のイーシャンテンを手にすると、少々時間はかかったものの、きっちりリーチに踏み込む。

これを一発ツモ。

まずは目標の一つであるトップ目に立った。

しかし東4局2本場、小林は先制リーチの前原にタンピン赤赤の手で追っかけリーチをぶつけ、一発で仕留めて12000は12600の出アガリ。

小林が再度大きく抜け出す。

この日の小林には、好形、あるいは赤やドラを含んだ高打点の手がよく入った。

南1局3本場では、役牌を鳴いて三メンチャンの待ちをツモアガリ。

そして南2局1本場、親番ではこの大チャンス手。

満貫以上が容易に見える手材料の中、先に前原のリーチがかかるが・・・

 

小林は、どこまでも冷静で、間違えない。

この記事のタイトルとURLをコピーする

ツイッターでも毎日情報を発信中!