白鳥翔、オーラス一気の大まくり!! カンドラ・ウラドラ、ま 乗るよね〜!!

白鳥翔、
オーラス一気の大まくり!!
カンドラ・ウラドラ、
ま 乗るよね〜!!

プロ麻雀リーグ「Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ」の11日目第1戦は、白鳥翔渋谷ABEMAS)がトップを獲得。

序盤にはしった石橋を、近藤と白鳥が追う展開となる。オーラスにハネマンツモ条件の白鳥がリーチ後に暗カンするとカンドラがもろ乗り。さらにウラが2枚乗って3着から一気に逆転という離れ業を、白鳥がやってのけた。

1回戦の対局者は、セガサミーフェニックス近藤誠一TEAM雷電瀬戸熊直樹U-NEXT Pirates石橋伸洋、そして白鳥。

東1局はセミファイナル絶好調の石橋が先制リーチ、そしてツモ。ピンフ・ドラ1・ウラ2の3000・6000で絶好調ぶりを伺わせる。

東3局1本場には、をポンした石橋が、もポンからの加カン。雀頭が新ドラのになりトイトイに見せかけた待ちをツモアガリ。1300・2600を加点してリードを広げる。

石橋のトップで迎えたオーラス。3着目の白鳥は、トップにはハネマンツモが必要。3巡目に赤1のテンパイが入った白鳥は、のシャンポン待ちでリーチ。9巡目にをアンカンすると、新ドラが。この時点でリーチ・役牌・ドラ4・赤1のハネマンに化ける。手詰まった瀬戸熊が、やむなくトイツのに手をかけて放銃。するとウラドラが。なんと白鳥、バイマンの出和了りで石橋をかわして僥倖の逆転トップを手に入れた。

勝利者インタビューで白鳥は、
「2着になれるといいなと思ってリーチを打ったんですけど、いや〜 まさか結果トップで麻雀の面白さが伝わったんじゃないかと思います。(カンドラがもろ乗りした瞬間)乗っちゃうよね〜 みたいな(笑)。(ウラドラが2枚乗った瞬間は)ま乗るかな〜 みたいな感じでした(笑)
と語った。

【Result】
1着 白鳥翔・ABEMAS 3万8100点/+58.1
2着 石橋伸洋・パイレーツ 3万7600点/+17.6
3着 近藤誠一・フェニックス 3万2400点/▲7.6
4着 瀬戸熊直樹・雷電 ▲8100点/▲68.1

【Total】
1位 KADOKAWAサクラナイツ +289.1(14/16)
2位 セガサミーフェニックス +220.5(13/16)
3位 渋谷ABEMAS +165.5(13/16)
4位 U-NEXT Pirates +41.2(15/16)
5位 TEAM雷電 ▲146.8(15/16)
6位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲204.1(14/16)
7位 赤坂ドリブンズ
8位 EX風林火山

「Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ」

3月30日の対戦は
セガサミーフェニックスvs渋谷ABEMASvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsKADOKAWAサクラナイツ

セミファイナルシリーズは、
レギュラーシーズンのスコアを半分持ち越し6チームによる対戦を行い、各チーム16戦を行う。上位4チームがファイナルシリーズへ進みます。

キャスト

セガサミーフェニックス
渋谷ABEMAS
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
KADOKAWAサクラナイツ
実況:小林未沙
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE
Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ11日目

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!