黒沢咲、2度のフリテンリーチを成就させ、最終戦を勝利で飾るも雷電、条件に泣く…!

黒沢咲、
2度のフリテンリーチを
成就させ、最終戦を
勝利で飾るも
雷電、条件に泣く…!

プロ麻雀リーグ「Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ」の11日目第2戦は、黒沢咲TEAM雷電)がトップを獲得。

この試合の焦点は、5位の雷電と4位のパイレーツのサバイバル。ともに最終戦の両チーム、点差は約10万点。黒沢はフリテンリーチを駆使して点棒を積み上げるが、やはり10万点の壁は厚い。トップは取ったもののポイントでパイレーツを下回り、雷電はセミファイナルで無念の敗退がほぼ確定となった。

2回戦の対局者は、渋谷ABEMAS多井隆晴セガサミーフェニックス魚谷侑未U-NEXT Pirates小林剛、そして黒沢。

大きなトップが必要な黒沢は、東4局1本場にピンフ待ちのフリテンリーチをかけて、をツモアガリ。トップ目の多井に親被りさせて、黒沢がトップに立つ。

続く南1局は黒沢の最後の親番。黒沢はをアンコにした赤2のテンパイ。待ちはフリテンだが、迷わずリーチ! 高めサンショクとなるをツモアガって6000オール!

しかし次局、ターゲットの小林がツモ・チートイツをアガッて黒沢無念の親落ち。雷電の生き残る条件は、小林からダブル役満の直撃だが、これはかなわず。

黒沢、トップで終えるが雷電は5位で終了。明日の試合の結果待ちとなった。

勝利者インタビューで黒沢は、
「最後までパイレーツをかわす条件を入れられればと思ってましたが、厳しくなってしまいました。ただ、自分としては今シーズン、やりきった感もありますし、シーズン変わらずにずっと応援してくれた方に、最後にここ(勝利者インタビュー)でお礼を言えたらと思って、打とうと思ってたんですが普段と違う仕掛けをしてしまいましたが、感謝の気持ちでいっぱいです
と語った。

【Result】
1着 黒沢咲・雷電 4万0000点/+60.0
2着 魚谷侑未・フェニックス 2万3500点/+3.5
3着 多井隆晴・ABEMAS 2万1200点/▲18.8
4着 小林剛・パイレーツ 1万5300点/▲44.7

【Total】
1位 KADOKAWAサクラナイツ +289.1(14/16)
2位 セガサミーフェニックス +224.0(14/16)
3位 渋谷ABEMAS +146.7(14/16)
4位 U-NEXT Pirates ▲3.5(16/16)
5位 TEAM雷電 ▲86.8(16/16)
6位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲204.1(14/16)
7位 赤坂ドリブンズ
8位 EX風林火山

「Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ」

3月30日の対戦は
セガサミーフェニックスvs渋谷ABEMASvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsKADOKAWAサクラナイツ

セミファイナルシリーズは、
レギュラーシーズンのスコアを半分持ち越し6チームによる対戦を行い、各チーム16戦を行う。上位4チームがファイナルシリーズへ進みます。

キャスト

セガサミーフェニックス
渋谷ABEMAS
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
KADOKAWAサクラナイツ
実況:小林未沙
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE
Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ11日目

  • Twitterで”毎日”麻雀情報を発信中!