たくさんの感動をありがとう チーム雷電 黒沢咲の麻雀はこんなにも面白いんです! 【熱論!Mリーグ】担当記者:ゆうせー

熱論!Mリーグ【Mon】

たくさんの感動をありがとう 

チーム雷電 黒沢咲の麻雀は

こんなにも面白いんです!

文・ゆうせー【月曜担当ライター】2020年3月30日

3月30日(月)2戦目。U-NEXT PiratesTEAM雷電にとっては、これがセミファイナル最終戦。

現在5位のTEAM雷電。ファイナルに進出する条件は、Piratesをラスにしつつ雷電がトップをとり、なおかつ10万8000点差をつけること。

今季何度もMリーグを沸かせてくれた、この選手にチーム雷電の命運は託されることとなった。

華麗なるセレブ打法、黒沢咲

東家 黒沢咲(TEAM雷電)

南家 魚谷侑未(セガサミーフェニックス)

西家 小林剛(U-NEXT Pirates)

北家 多井隆晴(渋谷ABEMAS)

実況 小林未沙

解説 山井弘 金太賢

東1局、黒沢一回目の親番は、

小林のリーチツモ、700-1300でアッサリと流されてしまう。

東2局は、

3副露の小林に対し、黒沢はまわり切ってリーチを繰り出すも、結果は魚谷も含めた三人テンパイで流局。

東2局1本場、黒沢は、

直前に打たれたを悠然とスルーし、リーチにもちこむと、

魚谷からをとらえ、リーチ裏、5200は5500のアガリで加点に成功する。

続く東3局

この半荘一つ目の山場を迎える。

祈るようにツモった黒沢。その手牌は、

この形だ。ここから黒沢は、

を切った。狙いはリーチやピンフイーペーコー、そして最高形としてのリャンペーコーも黒沢は思い描いているに違いない。

を払っておくと、

次の有効牌を引いたときにも、まだ手にを残せる。打点を望みつつも、がむしゃらに手を広げるのではなく守りも決して忘れない、黒沢らしい優雅な打ち筋だ。

次巡、

を引いて、打。ソウズのメンツが出来たので、リャンペーコーから一気通貫へと、高目の狙いをスイッチ。

8巡目には、

を引き入れた!これで一気通貫のイーシャンテン。欲しいのはだ。

次巡、

が3枚見えたので、イーペーコーも見切って打

が、ここで、

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!