麻雀最強戦2020ファイナリスト!ごきげんな一発屋・新井啓文の「不機嫌な自戦記」第3回‼︎

麻雀最強戦2020

ファイナリスト!

ごきげんな一発屋

新井啓文の不機嫌な自戦記

真面目な自戦記になっているが、皆様楽しんでいただけているだろうか。
「不機嫌な自戦記」なんてなんていわれても、麻雀にだけは真面目なんだからしょうがない。
いつか猿川真寿&石田亜沙己夫妻や田渕百恵ちゃんのようなゴキゲンなコラムも書いてみたいものである。
(仲林圭は別枠)

第3回 勝負中の反省

さて麻雀を追っていこう。
接戦で迎えた南2局 ドラ
苦しい展開が続く親番・阿賀にチャンス。

この形からをポン、圧をかけつつ仕掛けの利くタンヤオへ向かう。
これはなかなか声が出ない方が多いのではないだろうか。
ドラが見えていないこちら側からするとかなり煩わしい。
その後ドラをアンコにし、カンをチーして単騎選択。
をポンしていて他家が使いづらいか、リャンメン変化があるか。
阿賀の選択は単騎。
が、裏目を引いてしまう。

 

そしてこれを咎めたのが谷井。

タンヤオピンフ・三色同順で被ったを捕らえ8000。
完全に気配を消した見事な手順で、誰が振り込んでもおかしくなかった。
4000オールを逃し8000放銃となった阿賀は苦しくなる。

南3局 ドラ
6巡目の選択が悩ましい。

谷井の捨て牌は

マンズが安く、345の三色は見えるもののはドラ表示牌。
三色はやや非現実的である。
・マンズいずれも有力だが、
ここは谷井に決め手を与えないためマンズ落としを選択。
引きの価値が下がったのでこの後はポンテンを取り、
オーラス勝負に持ち込むことに決めた。
しかし切るならからだったか。(引き戻しの価値が高い)

実戦はすぐ出たをポン、500/1000をツモってオーラスへ。
ツモアガりは近藤が楽にならない一番嬉しいアガリ方である。
私はどこからでもアガるつもりだったが、
オーラスを見据えて谷井からは見逃す、という人もいると思う。
(谷井からアガると近藤がマンガンツモOKになる)
難しいところだ。

オーラスを迎え点棒状況は
新井 31700(親)
近藤 24500
阿賀 9100
谷井 34700

近藤は12000、阿賀は6000/12000条件。

南4局 ドラ

好配牌を貰い、6巡目にはこの形。
7巡目、上家の谷井からドラ表示牌含め3枚目のが放たれる。
これは鳴くべきなのだろうか?
現状の2900は大変不満だが、チーの後に三色変化はあり2000オールを引ければそれなりに大きい。
しかし決定打にもなりうる手牌。
今見返しても正解はわからない。
実戦は当然とばかりにスルー。

  • Twitterで”毎日”麻雀情報を発信中!