屈辱の最下位から背水の陣で挑む!! Mリーグ2020開幕直前 チームインタビュー「EX風林火山」

屈辱の最下位から背水の陣で挑む!!

Mリーグ開幕直前 チームインタビュー

「EX風林火山」

このインタビューは10月5日のMリーグ2020開幕当日の試合直前に行われたものです。

文:東川亮

二階堂亜樹
滝沢和典
勝又健志
藤沢晴信マネージャー

昨シーズンの終了から今シーズンの開幕まで、どんな過ごし方をしてきましたか?

亜樹 昨シーズンもそうですけど普段の対局もあまり調子が上がらなくて、どうしたものかと模索していたんですけど、とにかく麻雀をいっぱい打って調子を上げていくしかないということで、たくさん打って調子を上げてきたつもりです。

勝又 僕はひたすら対戦相手の麻雀を見て、自分なりに研究を積み重ねてきました。そういった準備を中心にやってきています。

滝沢 普段と変わらずです。普段から別の対局もあるので、普通以上には打っているとは思います。ただ、新型コロナの影響で自粛になった期間があって、そのときは普段よりもいろいろな人の対局を見たと思います。

他の対局で結果を出していた部分もあるが、チームとして上向きだと感じるところはありますか?

亜樹 最初に麻雀最強戦で滝沢さんが勝って、その後「Mリーグ2020 前哨戦 監督スタッフスペシャルマッチ」で藤沢さんが勝って、私の試合もMリーガーのドラフト1位対決だったので、ある意味直接対決だなというところで、多井さん(多井隆晴選手)に走られたところをまくれたので、いい感じにはなっていると思います。

勝又 麻雀なのでどんな手牌が来るかとかで大きく変わってはくるんですけど、いい精神状態で試合に臨めるのかなと思っています。

滝沢 麻雀最強戦などでは結果も良かったんですけど、打っていて不安感みたいなのはなくなってて、意外と良く見えてきたな、という感じですね。

藤沢マネージャーの優勝がチームに明るい話題をもたらしたのではないでしょうか。

藤沢 プロの麻雀と同じにされたら本当にプロに失礼なので、たまたま展開が良くて盛り上がったのが良かったなとすごく思います。でも、たまたま優勝したことによって、ファンの人もより見てくれるようになったので、より応援が増えたかな、と感じます。

EX風林火山は選手の入れ替えについて決意表明で明言していましたが、それについて選手のみなさんからコメントをいただけますか。

亜樹 自分自身の成績が2シーズン悪かったので、負けて解雇されるのは当たり前、そういうシビアな世界であるべきだと思っているので、藤沢さんから提案をいただいたときでも、そうするべきだなというところでシビアにすんなりと受け入れることができました。なのでそうならないように頑張ろうという気持ちがより強くなりました。

滝沢 本来なら昨年度でチーム編成を変えることになってもおかしくなかったと思うので、もう一回打たせてもらえるのをありがたく感じて、いい仕事をしたいと思います。

勝又 負けたら入れ替えというのは当たり前のことだと思いますし、プレッシャーはかかりますけど、そのプレッシャーの中で麻雀を打てるということを誇りに思って、自分たちらしく頑張っていきたいと思います。

今シーズンから胸のスポンサーで「なんしゅう家」さんが加わりましたが、どういう経緯でスポンサーになっていただけることになったかと、せっかくなのでPRを。

藤沢 もともと、なんしゅう家さんのマスターがMリーグが大好きで、奥様がEX風林火山の会員になっているという、ファミリーで麻雀がお好きだったので、なんしゅう家さんにはよく行っていました。今回パブリックビューイングをMリーグでは行わないということもあり、なんしゅう家さんは新型コロナ対策もちゃんとされていて、そして美味しいお店なので、それであればMリーグのパブリックビューイングのような催しを毎回できるような取り組みを応援するという代わりに、スポンサーについてもらったという形です。ただ、別に風林火山だけではなく、他の試合もなんしゅう家さんで見ていただいて、というふうに思っています。麻雀ファンの方は、なんしゅう家さんで楽しんでほしいなと思います。

亜樹 お料理も美味しいんですけど、麻雀プロのサインがいっぱい飾ってあるんですね。マスターも奥さんもすごくプロに詳しくて、あまり有名でない方や新人の方とかも含め、いろいろなプロのサインを集めているんです。数で言ったら100くらいあるんじゃないかというくらいいろいろなサインがあるので、「この人のサインはこういう感じなんだ」という感じで見に来ていただいても面白いと思います。ぜひ、楽しんでいただきたいと思います。

滝沢 料理は「炙りしめ鯖」「ガツパクチー」を僕は必ず頼みます。お酒は「やかん酒」です。

勝又 僕も何度も行かせてもらっているんですけど、当然行ったときに、偶然お会いする他のグループのお客様とかもいるんですけど、みなさん麻雀が好きな方が多くて、声をかけてくださったりもして、いつも温かい気持ちになる、いいお店だなと思っています。

個人の目標とチームの目標についてお願いします。

亜樹 個人の目標としては、2シーズン共成績がマイナスなので、今シーズンはプラスを目指したいんですけど、目標で言えば個人は10位以内、チームとしてはまずはレギュラーシーズンでセミファイナルに残ることを目標に頑張りたいと思います。

勝又 個人の目標は全然考えていなかったんですけど、チームの目標としては当然優勝あるのみと思っています。優勝に貢献できるよう、個人としても少しでもポイントをプラスしていけるように頑張りたいと思います。

滝沢 具体的に30回くらいずつ均等に打っていくことになると思うので、だいたいトップ3回分くらい、プラス150くらいを目指して打ちたいと思います。チームとしては3位以内です。

藤沢 昨年最下位でしたけど、この実力ある3人の最下位というのは巡り合わせ以上の何物でもないと思いますけど、今度下位であれば、やはりそれはダメだということは、私以上に選手のみなさんがみんな分かっていると思います。それで、少し厳しかったんですけど、上位入賞しなかったら入れ替える、ということは既に発表したとおりです。あとは自力を発揮してもらうだけなので、あとは一喜一憂していようかなと思っています。私のやれることはやったと思っています。

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!