チームの2連続ラスを回避! 土壇場で留まる魚谷侑未、執念の3着【Mリーグ2020観戦記11/16】担当記者:山﨑和也

チームの2連続ラスを回避!

土壇場で留まる

魚谷侑未、執念の3着

文・山﨑和也【月曜担当ライター】2020年11月16日

ここ最近、衝撃的な出来事があった。大物選手の所属団体移籍、大スターの体調不良による対局延期。ご存知の方も多いと思う。

そのニュースに対する大きな反響を目の当たりにし、麻雀界も将棋界も多くのファンがいることを痛感した。応援している人を思う気持ちがその人の力になる。Mリーグで戦う選手達もきっと同じだ。

第2試合を戦う選手達はこちら。

東家 多井隆晴渋谷ABEMAS

南家 魚谷侑未セガサミーフェニックス

西家 勝又健志EX風林火山

北家 藤崎智KONAMI麻雀格闘倶楽部

勝又はここまで2連勝中。チームの勢いそのままに3連勝を目指したい。

魚谷と多井の戦いもアツい。魚谷は昨年度のMVP、多井は一昨年のMVPだ。だが、ともに今シーズンはまだエンジンがかかっていない印象を受ける。筆者はその2人に注目していた。

東場はサクサクと局が進んでいった。大きな点数の変動はなく、あっという間に南場に突入。

南1局から展開が大きく動いた。

微差でトップにいる多井。親でかなりの好配牌をもらった。第一打目は。これは多くの人がそう打つのではないだろうか。

2巡目で早くもドラのを手放した。もう形が決まっているとはいえ思いきった選択である。を引いてしまうと痛いが、安全牌のを残すほうがよいと判断したか。

対抗馬は勝又。をポンして混一色の染め手に向かう。をポンできれば満貫も見えてくる。

勝又の仕掛けに構わず、多井は丁寧な手作りを見せる。を引いて打とした。いま見返してみると当然だが筆者は入れ替えられるのをうっかり。三面張にとっても逃さない手格好になった。

狙い通りを引き入れて待ちのリーチ。多井の親の先制リーチは将棋の二枚飛車に匹敵する恐ろしさだ。

勝又もイーシャンテン。が通っていないものの、テンパイしたら切る腹づもりだっただろう。

通っていないを押した。この直後に、どこからか深いため息のようなものが聞こえる。おそらく多井だ。

明白に押されていることがわかったからか、を切る素振りは少し嫌がっていたように見えた。

しばらく膠着状態が続き(打

勝又にもテンパイが入った。が通ったあとに切りやすくなったをリリース。待ちはは守りに徹している魚谷と藤崎の手にそれぞれ1枚あり、は山に1枚。両者とも高打点だ。

結果は多井が制した。裏も1枚乗って4000オールで一気に突き放した。ここ最近の多井は親番で流されることが多く(東1局も勝又が光の速さで平和のみの1000点で流していた)持ち味が出せていなかったが、ファンにとっては待望の連荘だ。強い多井が帰ってきた。

南1局1本場

藤崎が早々にカン待ちのリーチをかける。唯一1万点台に沈む藤崎にとってはここが勝負どころ。ダマでもアガれるが、忍んでいる余裕はない。

 

このリーチに放銃してしまうと一気にラス落ちまで可能性がある。多井と魚谷はしっかり受けに回る。特に魚谷の安心感は格別だ。見よ、この守備力の高い布陣を。

1鳴き(ペン)していた勝又もドラのを引いてブレーキをかける。

守備力の高い顔触れが揃うと不用意な失点はまず見られない。この局は藤崎の一人テンパイで終わった。

南2局2本場

親は魚谷。魚谷も親番で勝負強さが増している印象がある。

配牌は決していいとはいえないが、ここから辛抱強く手を進めていった。この時点では魚谷が絶望的といえただろう。序盤で明らかに手がよかった者がいたのだ。

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!