高宮まり、驚異の猛追で村上淳を怒濤の大まくり!! 個人2勝目獲得!!

高宮まり、

驚異の猛追で村上淳を

怒濤の大まくり!!

個人2勝目獲得!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2020の開幕47日目、第1戦は高宮まりKONAMI麻雀格闘倶楽部)が、トップを獲得。東場で5万点オーバーの村上を、高宮が猛追して南場の親マンツモアガリでついに逆点に成功。自身の2勝目を獲得し、麻雀格闘倶楽部は2020年をプラスで締めくくることとなった。

第1戦の対局者は、赤坂ドリブンズ村上淳U-NEXT Pirates石橋伸洋TEAM雷電黒沢咲、そして高宮の4名。

東1局から、村上が大爆発。南家で先制リーチをかけて、親の黒沢からリーチ・ピンフ・ドラ1・赤1のマンガン直撃を皮切りに、次局の親番で猛連荘。3本場まで積んで、アガったのは村上ひとり。この時点で5万3900点という大量リードを築く。

しかし東4局2本場、北家の高宮が6巡目にリーチ。タンヤオピンフ待ちのを一発ツモ。ウラ1の3000・6000で村上獲りに名乗りを上げる。

そして南1局、石橋の裸単騎を含む全員の仕掛けで、4番目にテンパイした高宮がタンヤオ・ドラ2の1000・2000のツモアガリ。

さらに南3局、親を迎えた高宮が11巡目にドラ1の手をのシャンポン待ちでリーチしてツモ。安めかと思いきやウラドラがの4000オールを決める。このアガリで、村上を1000点かわして高宮がトップに立つ。

南4局、ラス親の石橋が粘って村上から7700点を直撃して2着に浮上するも、1本場では高宮がのみで逃げ切り、2勝目を獲得した。

高宮はインタビューで、

「親番でウラが乗ったりとか、今日はだいぶ神からのクリスマスプレゼントでした(笑)久しぶりの(トップ)なんですけど、みなさまにお届けできてよかったです。メリークリスマス!」

と語った。

【Result】
1着 高宮まり麻雀格闘倶楽部 4万7600点/+67.6
2着 石橋伸洋・パイレーツ 3万2600点/+12.6
3着 村上淳・ドリブンズ 3万400点/▲9.6
4着 黒沢咲・雷電 ▲1万600点/▲70.6

【Total】
1位 EX風林火山 +376.8(46/90)
2位 渋谷ABEMAS +337.9(46/90)
3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 122.4(47/90)
4位 赤坂ドリブンズ ▲95.2(47/90)
5位 KADOKAWAサクラナイツ ▲96.3(46/90)
6位 U-NEXT Pirates ▲177.9(47/90)
7位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲205.8(47/90)
8位 セガサミーフェニックス ▲261.9(46/90)

「大和証券Mリーグ2020 ドリブンズvs麻雀格闘倶楽部vs雷電vsPirates」

詳細情報
赤坂ドリブンズvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsTEAM RAIDEN / 雷電vsU-NEXT Pirates

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2020」
12月24日の対戦は赤坂ドリブンズvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsTEAM RAIDEN / 雷電vsU-NEXT Pirates

■オフショット
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s40

■対局舞台裏
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s35

キャスト

赤坂ドリブンズ
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
TEAM RAIDEN / 雷電
U-NEXT Pirates
実況:小林未沙
解説:渋川難波
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!