鈴木たろう、一進一退の攻防を制して村上淳と同日2連勝達成!! ドリブンズ、5位浮上!!

鈴木たろう、

一進一退の攻防を制して

村上淳と同日2連勝達成!!

ドリブンズ、5位浮上!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2020」の開幕54日目、第2戦は鈴木たろう赤坂ドリブンズ)が、トップを獲得。毎局トップが入れ替わる大接戦となった第2試合。南場でドラ3・赤1のマンガンをツモった鈴木が、トップを獲得。ドリブンズが同日2連勝でトータル5位にまで浮上した。

第2戦の対局者は、EX風林火山滝沢和典KONAMI麻雀格闘倶楽部佐々木寿人TEAM雷電萩原聖人、そして鈴木の4名。

1局ごとにトップが入れ替わる激しい闘いとなった本試合。東1局は北家・滝沢と西家・鈴木のリーチ合戦。滝沢の先制リーチにドラのを切って鈴木が追いかける。そして首尾よくカン待ちを滝沢から直撃。・赤1の5200点でまずは鈴木がリード。

その後試合は、佐々木・滝沢・萩原とアガった順にトップが入れ替わるシーソーゲームとなり、南1局を迎えた時点で鈴木はラス目に甘んじる。が、7巡目にピンフ・赤1の先制リーチを打った鈴木がツモアガると、今度は鈴木がトップ目に立つ。

決定打がとなったのは南2局。タンヤオでドラアンコの赤1の手をつもアガって2000・4000を決めた鈴木がトップとなる。

オーラスは、ラス目の佐々木が萩原からメンチン・イッツーイーペーコーの16000点をアガるが、鈴木にはわずかに届かず。鈴木が逃げ切って、ドリブンズが村上との同日2連勝を勝ち取り、トータル5位に浮上した。

鈴木はインタビューで、

「(連勝は)うれしいですね(笑)。チーム(の勝ち残り)があやしくなってたんで、ポイントを戻せたのはうれしいですね。トップ取れば麻雀ってたのしいなって感じですね。やっぱり勝たないと面白くないですね。いい麻雀を打てたとしても結果が出ないとイマイチ喜べないんで」

と語った。

【Result】
1着 鈴木たろう・ドリブンズ 3万4300点/+54.3
2着 佐々木寿人麻雀格闘倶楽部 3万3900点/+13.9
3着 滝沢和典・風林火山 2万3500点/▲16.5
4着 萩原聖人・雷電 8300点/▲51.7

【Total】
1位 渋谷ABEMAS +371.4(54/90)
2位 EX風林火山 +305.7(54/90)
3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 19.1(54/90)
4位 KADOKAWAサクラナイツ ▲6.0(54/90)
5位 赤坂ドリブンズ ▲53.5(54/90)
6位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲91.5(54/90)
7位 U-NEXT Pirates ▲203.4(54/90)
8位 セガサミーフェニックス ▲341.8(54/90)

「大和証券Mリーグ2020 麻雀格闘倶楽部vs風林火山vs雷電vsドリブンズ」

詳細情報
KONAMI 麻雀格闘倶楽部vsEX風林火山vsTEAM RAIDEN / 雷電vs赤坂ドリブンズ

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2020」
1月8日の対戦はKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsEX風林火山vsTEAM RAIDEN / 雷電vs赤坂ドリブンズ

■オフショット
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s40

■対局舞台裏
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s35

キャスト

KONAMI 麻雀格闘倶楽部
EX風林火山
TEAM RAIDEN / 雷電
赤坂ドリブンズ
実況:小林未沙
解説:松本吉弘
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!