VTuber千羽黒乃の麻雀講座【第32回】 読みの第一歩は「手出しの牌」! いったい何が分かるのじゃ?

やっほーい! 儂じゃよー! 今日も元気に3000・6000! 麻雀歴1000年の鴉天狗、千羽黒乃が今週もキンマwebに参上じゃ!

前回のテーマは「鳴いた相手の強いターツ落としは危険信号!」

鳴いた相手の手の中から強いターツが出てきた時は、聴牌している可能性が高い要警戒サイン! とお話したのじゃ。覚えてるかのう? 今回の記事の内容にも繋がるので、まだ読んでない方はぜひぜひチェックじゃ!

VTuber千羽黒乃の麻雀講座【第31回】 鳴いた相手の危険信号! 「強いターツ落とし」に注目じゃ!

手出しとツモ切りって何なのじゃ?

それなら、

「鳴いた相手の、ターツ落とし以外の手出しは?」

「鳴いていない相手のターツ落としはどうなの?」

と疑問に思った方もきっといるはず! そこに気付くとはとっても鋭いのじゃ!

そのためには、まず「手出し」と「ツモ切り」について説明する必要があるのじゃ。

・「手出し」とはツモってきた牌を手の中に入れて、別の牌を切ること。

・「ツモ切り」とはツモってきた牌をそのまま切ること。

これをちゃーんと見ながら打ってると、とっても上級者っぽい!

仮によくわかってなくても、終盤にいきなり「お、今のは手出しだね!」なんて言うと、なんか上級者っぽくって、相手がなんかスゴいなって思ってくれるかもしれないのじゃ!

でも、手出し・ツモ切りをしっかりチェックするメリットは実はもっともーっとあるのじゃ!

というわけで、今回のテーマは! 「他家の手出し牌のチェックポイント」じゃ!

どんな時に手出しを見るの?

手出し牌から分かること、それは相手の手の情報じゃ。

と言っても、全部の手出し・ツモ切りをチェックするのはとっても大変! しかも、見るだけではなく、ちゃんと覚えて読みに取り入れようとすると、頭がパンクしちゃうのじゃ!

なので! まずは「手出し牌がこんなときに注目しよう!」という、手出しが特にヒントになる重要ポイントを教えちゃうのじゃ!

 

ここを見ようポイントその①! 「チーした直後の手出し」

チーして聴牌した相手の場合、最終手出しの周辺が待ちになっていることがとっても多いのじゃ!

具体的に例を挙げると、他家がこんな形で三副露した場面を見るのじゃ!

そして、なぜ最後までが残っていたんだろう? 残っている待ちの形は? と一緒に考えてほしいのじゃ。

考えてみたのじゃ?

ずばり、残ってる形のもっともよくある形は

のような形から、を切っての待ち!

このように、チーして聴牌した相手は、最後に出てきた牌の色、特にその周辺が危険になるのじゃ!

ここを見ようポイントその②! ターツの手出し

こちらは前回のテーマの発展版! 鳴いていない相手のターツの手出しじゃ。

ターツが手出しされるということは

「そのターツがなくても十分形が整っている」

または

「そのターツがあると狙えない手役を目指している」

ということが分かるのじゃ!

そして、手出しされたターツの強さによって、他家の手の良し悪しを計ることができるのじゃ。

手出しされたターツの種類で分かること!

①手からリャンメン落とし!

とっても重要! これには2つのケースがあるのじゃ。

・通常の面子手の場合

残っているターツは確実にもっと強いリャンメンだけ。遠くないうちにリーチが来そうじゃ!

 ツモ

たとえば、こんなイーシャンテンならば、ドラの絡まないの部分を落とすじゃろう?(前回の牌姿の復習じゃ!)

また、のようにトイツが並んだ形が手の中にある場合は、と切ってが残るケースも頻出。こちらもあわせて覚えておくとバッチグーじゃ!

具体的な牌姿をあげると

 ツモ

ここで打とし、次にを引けば打として待ちが残るのじゃ。

・リャンメンターツが使えない手役を狙っている場合

主にホンイツトイトイチートイツ国士無双などを狙っているときにもリャンメンが手出しされることがあるのじゃ。こちらの場合は遠くの高い手を狙っていることが多く、捨て牌の色の偏りや鳴き仕掛けから手役を推理するのが重要じゃ!

② ドラ含みのターツ落とし

ドラを含んだターツ落としも重要ポイントじゃ!

1枚あれば1翻アップする貴重なドラ。しかし、使い切ろうとして苦しい待ちが残ってしまった覚えは誰にでもあるはずじゃ!

東1局5巡目南家5巡目 ドラ

たとえばこんな牌姿だと何を切るのが良いかのう? はドラとはいえ、使い切ろうとするとカンチャンが残ってしまう手格好。の部分を払ってリャンメン2つが残った一向聴に受けるのが自然な手順じゃ。

ドラ含みのターツ落としを見て、「あの人はドラを切ったから安そうだぞ!」なんて思ってしまうかもしれないけど、実はドラ含みのターツ落としは「ドラがなくても十分形の良い・高い手」であることのサイン! こちらも要警戒じゃ!

  • 最新の麻雀・Mリーグ情報をいち早くお届け!