トップ目か現状維持か…茅森早香が選んだ迷いなき正念場の押し引き【Mリーグ2020観戦記1/22】担当記者:渡邊浩史郎

トップ目か現状維持か…

茅森早香が選んだ迷いなき

正念場の押し引き

文・渡邊浩史郎【金曜担当ライター】2021年1月22日

1戦目

東家 茅森早香セガサミーフェニックス

南家 高宮まりKONAMI麻雀格闘倶楽部

西家 堀慎吾KADOKAWAサクラナイツ

北家 小林剛U-NEXTパイレーツ

本日1戦目は

オーラスを迎えていた。

トップの堀が頭一つ抜けているが二着の茅森とはマンツモ圏内。二着の茅森と三着の小林はわずか1600点差。ラス目の高宮も二着までマンガン出アガリOK、倍満ツモならトップまで上り詰める。

こうした点棒状況のオーラスはあっさり決着がつくことも多いが、時としてそれぞれの意思、そして思惑が交錯した名勝負が生まれることがある。

この一局も地味ながら非常に興味深い名勝負となった。そこで今回はこのオーラスのみに絞って振りかえっていこうと思う。

【南4局】

配牌でまず注目を浴びたのは茅森。

ダブ暗刻で対子!ドラを絡めてもホンイツでも条件を満たす、超勝負手だ。

ラス目の高宮も形こそ悪いがマンガン~倍満条件と考えればむしろ好都合。夢のある配牌をもらった。

トップ目の堀の配牌はこれ。躱しに行くには遅く、安牌も少なそう。トップ目としては微妙な配牌と言わざるを得ない。だがとりあえずはまっすぐ進める打

次巡を引いて、これでタンヤオ・七対子という役ありの形が見えてきた。打

親の小林は配牌こそいまいちだったものの、こので手役も見えて引き締まった。まだまだ誰が先手を取るのかわからない。

3巡目、茅森が引いてきたのは。ここで……

!ドラ受けを嫌って、イーシャンテンを壊した!

どちらかを切れば面前リーチやチャンタ手替わりの手筋を残しつつ仕掛けてのホンイツを見れるが、ここはホンイツに目一杯舵を取った。

5巡目、小林はこの形から切り。アタマのない形だが、唯一の両面₊三色という打点(いや小林ならアガるための手役というだろうか)のターツを固定して他の部分を目一杯広く持った。

このを茅森が当然チー!

これを受けて小林は打。ソウズを落としていきたいのはやまやまだが、このシャンテン数で下家の茅森相手にソウズ二筋落として速度で追いつこうというのは虫が良すぎるという考えだろう。

高宮もジュンチャンで一気に手牌が引き締まった。ここで出たを……

茅森がポン!場に一枚切れの絶好の単騎に受けた!ホンイツ目一杯に取ったことで、ここで字牌単騎を選択することができた。茅森の思惑がはまった形だ。

堀はこの仕掛けを見て、三枚切れのを残して今通った切り。完全にベタ降りの体制に入った。こうなってはすら切らないだろう。

小林がここでタンヤオの仕掛け。打として、何とか茅森に食らいつく。

ラス目の高宮とて死んではいない。ジュンチャン一盃口のイーシャンテンの所にドラを持ってくる。だがくっついたカンは三枚切れ。当然ツモ切るかと思われたが……

高宮は打が小林に打ちにくいということもあっただろうか。だがそれ以上に倍満ツモのトップを強く見た一打のように思える。

ペンを残した場合、聴牌してリーチを打ってもリーチ・ツモ・ジュンチャン一盃口の6翻。裏ドラや一発といった偶然役が2つ必要だ。

一方でカンならばリーチ・ツモ・ジュンチャンイーペーコー・ドラで7翻。偶然役一個で倍満ツモ、トップだ。

残り一枚のカンを引けばいい。そんな高宮の強気な姿勢が垣間見えた一打だった。

挟まれた堀としてはたまったものではない。小林に鳴かれないように、慎重に打牌を選ぶが……

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!