レジェンドの猛追を退けて 朝倉康心、復活の序章 麻雀最強戦2021「男子プロ 因縁の血闘」観戦記【A卓】

朝倉はまわりながらロン牌のドラを固めてブロックする。

そこへ、井出が追いつく。

三色こそ崩れたものの平和ドラ1の3メンチャンなら終盤とは言えリーチかと思われたが、これをヤミテンに構えた。

巡目の問題でオリのルートを残したのか。

守備に回りつつ形式テンパイにたどり着いていた朝倉だったが、を掴んで打、一旦手を崩す。

しかしを掴んだところで手詰まりとなり、打ち。

5枚あるは切りにくく、ピンズは全く切れていない。

打ちは、放銃したとしてもドラが絡む可能性が低くタンヤオも消えるため、それほどの失点にはならないという考えか。

また、が通ったときのテンパイ復活の可能性も見たかもしれない。

実際、新津の手はリーチ平和の2900だったが、裏ドラが1枚乗って5800に。

朝倉としては少し痛い失点となった。

ただもし井出がリーチをかけていた場合、2人に無スジとなるではなく、たとえば井出の現物を打っていたかもしれない。

井出の選択が機微を生んだ一局だった。

 

次局、そんな井出が暗槓からのカン待ちでリーチをかけた。

リーチの際に逡巡していた様子があったが、おそらくソーズまわりの変化を考えていたのだろう。

リーチの一発目に引いてきたのは

ピンズを打ってテンパイを外していたら待ちのリーチが打てていた。

それが分かっているだけに、やや悔しそうに牌を河に置く。

ただ、やはり井出のリーチが他者に与える影響は大きい。

朝倉はリーチの直後にカンを埋めてテンパイしたが、これを取らない打ち。

次巡に引いてきたのは、アガリ逃し。

もしリーチをしていれば一発ツモだった。

井出はこのリーチをツモ、裏が1枚乗って1600-3200は1900-3500。

これで井出がわずかながら新津をかわして2着目に浮上する。

次局は親番の井出がわずか5巡でテンパイ。

役がないが待ち、100人いたら96人くらいがリーチをかけそうだ。

そこは井出、テンパイは取るがヤミテンを選択。

次巡、ツモってきたのはアガリ牌の

しかし井出はすぐにツモを発声せず、しばし考え込む。

アガらないとすれば、マンズを切ってホンイツにするか、あるいはフリテンリーチをかける選択肢もある。

 

結局はツモを宣言して500オールをアガったのだが、なんとも不思議なシーンだった。

おそらくほとんどの打ち手がリーチ一発ツモの2000オールから、というアガリだったと思うが、こういう場面が見られるのもなんとも趣深い。

朝倉はトップ目を維持しているとはいえ、かなり点差を詰められている。

これ以上親番を続けられるのはごめんとばかりに、とポンして先制のテンパイを入れた。

そこへ井出が追いつく。

ドラを切ればの変則3メンチャンテンパイ。

が自身の目から4枚見えで他者に使えないは、かなり狙えそうな待ちだ。

しかし、井出の選択はヤミテン。

そのまま押し切るのかと思いきや・・・

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!