二度のチーテンをスルー! 勝負所を決めた近藤誠一のブレない選択 麻雀最強戦2021「男子プロ 因縁の血闘」観戦記【B卓】

二度のチーテンをスルー

勝負所を決めた近藤誠一の

ブレない選択

【B卓】担当記者:渡邊浩史郎 2021年3月14日(日)

最強戦2021、開幕!

今年もまた一番の”最強”を決める祭りが始まった!まずは現最強位、多井隆晴に挑む精鋭を決める熱い予選が繰り広げられる。

因縁の血闘と銘打たれた今回の予選、B卓はもはや最強戦おなじみのメンツが集まった。

昨年大躍進を遂げ、最強戦決勝にまでコマを進めた。

日本プロ麻雀連盟「富山の役満プリンス」

本田朋広

彼に予選、トップ目からトイトイ三暗刻(つまりツモリ四暗刻の役満!)を放銃して敗北を喫してしまった

「小さな天才」

堀慎吾

こちらも昨年ファイナリストにして最後まで多井に食らいついた

「ごきげんな一発屋」

新井啓文

そして最高にして最強を獲得した男、

「大魔神の系譜」

近藤誠一

予選初日にしてすでにクライマックスな四人が集まった対局。早速見ていこう。

【東1局】

開局、あまり揃ってない手牌からでも役牌から切り出し、見事リーチ手順で最速聴牌にたどり着いたのは親番の堀。

ドラのが出ていくリーチのみだが、が四枚見えてしまっていてはシャンテン数を戻すわけにもいかない。リーチに踏み切る。

二着抜けのこのルール、この巡目の親リーチに立ち向かえるのは……

いた!堀の因縁の相手、本田だ!

七対子ドラドラのこの手、単騎でリーチに踏み切った!

対面の近藤が国士無双気配で字牌がため込まれていそう。さらには親の堀のリーチとあっては他家の場況などあったものではなく、これから先いい単騎を探すのは至難の業。

となれば現状他家がを早めに切っているこの単騎は決して悪くない。ドラが自分の目から三枚見えていて、親の堀に放銃しても大事故にはなりにくいと判断してリーチに踏み切った。

この二軒リーチに捕まってしまったのが……

新井だ!共通現物もなく、自身の手はイーシャンテン。たった今通ったの筋、で……

本田のアガリ、裏ドラこそ乗らないものの、まずは8000の加点でリードする。

【東2局】

この局も動き出しは堀から

オタ風のをポンして両面落とし、ホンイツ一直線だ。1000点の保険を捨てて、一軒現物のを残したのは堀バランスといったところか。

すぐにもポンしてイーシャンテン。

を引いて聴牌。北待ちはこの時点で4枚。アガリはすぐかと思っていたところ……

事件が起こる。堀が持ってきたを加カンすると……

新ドラが!!これで堀の手はホンイツ・ドラ4に化けた!!

そして嶺上から持ってきたのは。待ち選択は……

を切って待ち。北待ちなら北で倍満だが、ここは自身の目からが四枚見えであることから山にいそうなに狙いを定めた形。この時点で北待ちは4枚、待ちは3枚。一回勝負の最強戦、思考の過程がどうであっても結果を捉えられなければ敗退する、厳しい舞台だが……

最高の結果を残し続けてきたのがこのフィールドにいる男たち!!ハネマンのツモアガリで堀が大きく抜け出す!

【東3局】

二人が抜け出す形となった最強戦予選は……

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!