丸山奏子、倍マン・跳マン・親マンガン!! 高打点連発でドリブンズの緒戦を飾る!!

丸山奏子、

倍マン・跳マン・親マンガン!!

高打点連発で

ドリブンズの緒戦を飾る!!

プロ麻雀リーグ「朝日新聞Mリーグ2020」のセミファイナル 2日目、第1戦は丸山奏子赤坂ドリブンズ)が、トップを獲得。開局、松本へのマンガン放銃から始まった丸山だが、その後は倍マン・ハネマン・親マンガンと高打点を連発してトップを奪取。ドリブンズの緒戦を快勝で飾った。

第1戦の対局者は、KONAMI麻雀格闘倶楽部前原雄大渋谷ABEMAS松本吉弘TEAM雷電瀬戸熊直樹、そして丸山の4名。

開局は松本がチートイツ・赤2のリーチを、丸山から討ち取って8000点の先行。次局も松本が500・1000のアガリを決めて、好調ぶりを伺わせた。

しかし次局、親の瀬戸熊のリーチを受けた丸山の手は、一手変わり四暗刻三暗刻【1ピン】【4ピン】待ち。【白】アンコで赤が1枚あるので打点は十分。丸山はリーチを選択し、【4ピン】を瀬戸熊から討ち取ってウラ3! 倍マンをアガって、2番手に浮上する。

丸山は、その後もチートイツ【赤5マン】単騎をリーチ・ツモ・ウラ2で12000点。さらに南2局の親番では、【中】アンコ・赤1の【3ピン】【6ピン】待ちをリーチ・ツモ。ウラが1枚の4000オールで5万5000点の大トップに。

オーラスは、瀬戸熊が箱下から生還するチャンタサンショク【北】・ドラ2のハネマンを松本からアガって試合終了。

丸山がドリブンズの緒戦を飾る、大仕事をやってのけた。

丸山はインタビューで、

「今日は手に恵まれて、こんなにたくさんアガれんだうれしい、と思ってスゴイ楽しかったです。セミファイナル1戦目をまかせてもらえて、1番いい結果を残せてうれしいです」

と語った。

【Result】
1着 丸山奏子・ドリブンズ 5万2000点/+72.0
2着 松本吉弘・ABEMAS 1万9100点/▲0.9
3着 前原雄大麻雀格闘倶楽部 1万8500点/▲21.5
4着 瀬戸熊直樹・雷電 1万400点/▲49.6

【Total】
1位 渋谷ABEMAS +319.6(3/16)
2位 KADOKAWAサクラナイツ +277.9(2/16)
3位 赤坂ドリブンズ +70.4(1/16)
4位 EX風林火山 ▲34.6(2/16)
5位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲147.8(3/16)
6位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲154.8(1/16)
7位 U-NEXT Pirates
8位 セガサミーフェニックス

「朝日新聞Mリーグ2020 セミファイナルシリーズ2日目」

詳細情報
赤坂ドリブンズvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMASvsTEAM RAIDEN / 雷電

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「朝日新聞 Mリーグ2020 セミファイナルシリーズ」
4月13日の対戦は赤坂ドリブンズvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMASvsTEAM RAIDEN / 雷電

■オフショット
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s40

■対局舞台裏
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s35

キャスト

赤坂ドリブンズ
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
渋谷ABEMAS
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:松嶋桃
解説:小林剛
解説:瑞原明奈
レポーター:松本圭世

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!