王者4人の鋭い踏み込み 気迫の横綱相撲で押し切った醍醐大に軍配 麻雀最強戦2021「タイトルホルダー頂上決戦」観戦記【A卓】担当記者:masasio

【1マン】をポンして【3ソウ】切り。

【6ソウ】を引っ張ってトイトイにも見えるように少しだけ配慮した。

先ほどの醍醐が目立たないように切り順を工夫したのなら、矢島はあえて目立って対応させようとしている。

寿人がドラ含みで【3ピン】をチーしてテンパイ。

【東】チャンタ・ドラ1の3900だ。矢島がつかんでしまった。

3900は4500の放銃-

とはならない。

矢島が切ったのは寿人が今切ったばかりの【北】

放銃を回避した。

これはもちろん読みもあっただろう。

寿人は先に【4ピン】を切っており、ペン【3ピン】を固定している。

手役を考えるならチャンタだろう。

ピンズの上は一番危ないところだ。

しかし、それよりなにより、自分の手はバラバラだ。

寿人の手がどうであろうと、自分の手が見合ってないから勝負しない。

シンプルにそれだけだったかもしれない。

矢島は雀王

王たるものこんな手牌から放銃することはない。

醍醐も仕掛けてテンパイ。

寿人のアガリ牌を押さえてのテンパイだ。

矢島は撤収。

さすが「鳴きファイター」と言われるだけあってこういう時の戦い方は慣れているのだろう。全く隙がない。木村もテンパイ。

役無しの手だがドラの【2ピン】を勝負。

一見無謀に見えるが、寿人は先に【4ピン】を切ってペン【3ピン】をチー。

醍醐はカン【3ピン】をチー。

【2ピン】が当たる形なんてないでしょ?ということだ。

しかし、万が一がある。

それでも木村は自分の読みを信じてドラを切りテンパイを取った。

対局後に木村が悔やんだのがこの局面だ。

シャンポンに変わったところでリーチに行かねばならなかったと。

確かにドラも全て見えており(仕掛け部分含む)、待ちも良く、リーチに踏み切ってもおかしくない局面だ。

先ほどは自分の読みを信じた木村だったが、ここでは少し二の足を踏んでしまったか。

木村が切った【2ソウ】を矢島がチー。

木村までドラ切りで参戦してきたということはこのままでは一人ノーテンが濃厚。

全員と4000点差をつけられてしまうのは痛い。

形式テンパイを目指して粘る。

テンパイだ!!

【發】【8ピン】の選択だったが、矢島は迷わず8p切りを選択。

【發】生牌

【發】で放銃すると打点も高くなってしまう

【5ピン】が通っているため安全度でいっても【8ピン】の方がマシだろう。

「ロン」

醍醐と寿人の声が交差したが、アガリが認められるのは矢島から近い寿人だけだ。

寿人は醍醐の仕掛けを受けて【1ソウ】【4ソウ】を入れ替え、チャンタを消していた。

2000は2600の放銃。

雀王矢島、3900放銃、一人ノーテンの危機を乗り越え2600の失点でしのぎ切った。

このわずかな差が大きいのだ。

31本場

この局も矢島が軽快に仕掛ける。

 まずはオタ風の【南】をポン。

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!