見た目からはとても想像できない、新規加入・松ヶ瀬隆弥の繊細なる麻雀 【Mリーグ2021観戦記 10/4】担当記者:危険な鬼太郎

見た目からはとても

想像できない、新規加入

松ヶ瀬隆弥の繊細なる麻雀

文・危険な鬼太郎【月曜担当ライター】2021年10月4 日

Mリーグ開幕2戦目。例年通り他の3チームは顔見せの為か1戦目とは違う選手を対局場に送り出したが、風林火山だけは意外にも松ヶ瀬を連闘させた。

風林火山がオーディションで勝ち上がった松ヶ瀬をどのぐらい信頼しているのかがよく分かる起用。その期待に応える事が出来るか。

【2戦目】

東1局 親・たろう ドラ【8ピン】

連闘男、松ヶ瀬がカン【7ピン】を引き入れてのリーチ宣言!

リーチ【東】ドラの【白】単騎のリーチ。1回戦から思っていたが松ヶ瀬のリーチ宣言の発声や打牌のトーンは美しくて映える。髪型からはとても想像できないほどに。

このリーチを受けた一発目に困ったのが手牌をパンパンに構えていた堀。

ドラドラの勝負手とは言え、手は1メンツでリーチの安全牌となりえる牌が1枚も無い。

堀は他家の捨て牌を一瞥した後に、

自分で5枚も持っている【5マン】【8マン】の筋の【8マン】を勝負。どれを切ってもアタる可能性があるので、自分の手の都合でブンブンと押す。

堀は松ヶ瀬のリーチに対して一切退かない構えを取った物の、

ここは松ヶ瀬が【白】をツモってリーチ、ツモ、【東】、ドラのマンガンのアガリ。1回戦ではなんどもリーチを打つ物の1回しかアガれなかった松ヶ瀬。この好調を維持できるか。

東2局 親・堀 ドラ【5ソウ】

本日誕生日のたろうが3面張でリーチ宣言!

リーチ【中】ドラ1の【1マン】【4マン】【7マン】待ちで盤石。

このリーチを受けた一発目に悩んだのが、イーシャンテンの松ヶ瀬。

赤赤のこの手牌。是が非でも攻めたいが、リーチの一発目なので安全牌を切りたい所。だが手牌に現物が【9マン】たった1枚しかない。

【9マン】を切ってしまうとこの手牌はもうアガれないし、しかもリーチの現物が続かない。ならば切るべき牌は【1マン】【3マン】の2択。

放銃した時にタンヤオが付かない【1マン】を切るか?それとも2枚あって現物が増える【3マン】を切るか。

松ヶ瀬はここで

1枚しか無い現物の打【9マン】を選択。トップ目から一発でたろうに放銃してマンガン以上の失点をするのは痛すぎると判断したか。

たろうは一発ツモこそ逃した物の次巡、

【4マン】をツモってリーチ、ツモ、【中】、ドラの2000-4000のツモアガリ。1回戦とは違って2回戦では大物手が連発する。

東3局 親・松ヶ瀬 ドラ【發】

見た目とは違い繊細な麻雀を打つ松ヶ瀬が、序盤で面白い打牌を見せてくれる。

普通に良い手牌なので真っすぐ手牌を進める打【西】を選択すると思っていたが、ここで松ヶ瀬は

【9ソウ】を選択。こんな序盤なのに安全牌候補の1枚切れの【西】を残す。

好形でもなく打点が付く保証もない手牌。なので打点の種である【赤5ソウ】を使えるようにして、安全に手を進めに行く。

これもトップ目だからこそ出来るゆったり打法か。

すぐに松ヶ瀬はネックであるカン【6ソウ】をツモって、

【發】。ドラを手早く見切る。カン【6ソウ】を引いた事により手牌が随分好形になって打点も付いてきた。

だから他家に重なる前に… 他家からリーチが来る前にドラの【發】を切る。

【發】を鳴かれてしまったらその時はその時で別に考えれば良い。手が良いから普通にこの手はリーチまで持っていけそうだし、駄目だったときの為に安全牌の【西】を抱えている。

しかしここで日向が先手を取ってリーチ宣言!

リーチピンフ赤の【3ピン】【6ピン】待ち。中々に良い待ちだ。

このリーチを受けても松ヶ瀬は安全に攻める事が出来る。

ドラを切ってなかったら打【3マン】を選択してカン【2マン】ターツを払う選択をしなければいけなかったかもしれないが、ドラの【發】を先んじて打てていたおかげで安全牌の【西】が打てる。

松ヶ瀬は日向のリーチを受けて回し打って聴牌を果たしてリーチ宣言!

 

リーチタンヤオドラの【4ソウ】【7ソウ】待ち。1回戦からずっと松ヶ瀬のリーチの打点が高すぎる。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!