女寿人爆誕! 連勝レコードを大勝レコードで粉砕、伊達朱里紗の卓上蹂躙劇【Mリーグ2021観戦記11/18】担当記者:東川亮

4本場、伊達ちゃんは3巡目の【1ソウ】切りから手牌を中に寄せていくと、これがタンヤオチートイツ赤のテンパイに仕上がる。【6ピン】は山に残り1枚、これもアガってしまうのか?

【7ソウ】を引いてタンヤオリャンペーコーに。マジで? とはいえこっちも山に1枚。

もちろん、他3者としては一刻も早くこの親を蹴りたい。魚谷が絶好に見えるカン【3マン】待ちでリーチを打つと、直後、タンヤオドラ3のダマテンに構えていた勝又の手が高目三色になり、追っかけリーチ。特に勝又のリーチは高目【7ピン】が1枚、そして安目【4ピン】が山に全て残っていた。これはさすがに・・・

伊達ちゃんがツモる。前局に引き続き、ラス1の【7ソウ】を、当たり前のように。もちろん、本人は当たり前などとは思っていないはずだが。

ツモタンヤオリャンペーコー赤で6000は6400オール。あの勝又健志が手持ちの点棒を払い尽くし、卓外から点棒を借りている。信じられない光景である。

5本場では【中】を暗刻にして先制のリャンメン待ちリーチ。この【1マン】【4マン】待ちがなんと7山。今の伊達ちゃんがこれをツモれないなんてことがあるのか?

いや、ない。一発ツモでの4000は4500オール、もはや言葉ではなく乾いた笑いが出る。

怒濤の6連続アガリで、持ち点はなんと10万点オーバー。思わずカメラが点数表示を抜いた。

伊達ちゃんは最終的に、105500点を持ってこの試合を終えた。過去3シーズン、Mリーグの名だたる打ち手たちが達成していなかった10万点越えフィニッシュを、今年Mリーグに参戦したばかりの新鋭が成し遂げてしまったのだ。

とりあえず、この試合をまだご覧になっていない方は、ABEMAプレミアムで南3局の開始から5本場のアガリまでだけでもご覧になっていただきたい。時間で表すと3:42:10から4:09:40、27分30秒はだいたいアニメ1話分くらいの長さだ。

関連リンク:大和証券 Mリーグ 風林火山vs麻雀格闘倶楽部vsフェニックスvs雷電
※ABEMAプレミアム加入で見ることができます

筆者は伊達の猛連荘を見ながら、今年伊達に行ったインタビューのことをぼんやりと思い出していた。

「私がアニメの「咲-Saki- 全国編」で演じさせていただいている「上重漫(うえしげすず)」というキャラクターが、相手が強ければ強いほど爆発力が増すという特徴でして、それが自分に当てはまると感じることが結構あります。」

関連記事:EX風林火山ドラフト会議指名選手オーディション【伊達朱里紗インタビュー】

昨シーズン優勝の立役者であり今シーズン個人スコアトップの勝又、2019シーズンMVPの魚谷、3シーズン連続100ポイント以上プラスの黒沢は、紛れもなく強者だ。そこで伊達の秘めたる力が覚醒したのだろうか。

「最近では攻めの姿勢をしっかりと見せて、攻めて勝とう、という麻雀を目標にしています。最近では見ている方から「女版寿人」みたいな評価をしていただけることがあって、それはすごくうれしいことだ思っています。Mリーグでは「女版寿人」さんのような存在になりたいです。」

関連記事:KONAMI麻雀格闘倶楽部・伊達朱里紗インタビュー

佐々木寿人は今シーズンの開幕式で「卓上を焼き尽くすような麻雀を打つ」と語っていた。過去にそうした試合を何度も見せてくれた寿人だが、この日の伊達の麻雀も、まさに卓上を焼き尽くすようだった。

もはや、異論はないだろう。

「女寿人」

自らがそう呼ばれるにふさわしい打ち手であることを、伊達は自らの麻雀で証明した。

本家寿人のツイートが、この試合を見た我々の思いを代弁してくれている。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!