勝又健志、単独7勝目獲得! 風林火山は2位に浮上! 麻雀格闘倶楽部は、悪夢の4連敗で5位陥落!

勝又健志、単独7勝目獲得!

風林火山は2位に浮上!

麻雀格闘倶楽部は、

悪夢の4連敗で5位陥落!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」の開幕58日目、第2戦は勝又健志EX風林火山)が、トップを獲得。開局にマンガンをものにした勝又が、中盤に沢崎にまくられたものの、南場で中押しを決めて結果は勝又の快勝。風林火山はトータル2位の好位置につけた。

第2戦の対局者は、KONAMI麻雀格闘倶楽部滝沢和典TEAM雷電黒沢咲KADOKAWAサクラナイツ沢崎誠、そして勝又の4名。

東1局、南家・勝又が10巡目にリーチをかける。ピンフタンヤオ・赤1の【2ピン】【5ピン】【8ピン】待ち。滝沢から【8ピン】が打ち出されて8000点。まずは勝又がリード。

東3局1本場、南家・沢崎がリーチで黒沢から討ち取り。ピンフタンヤオ・ドラ1・ウラ1の8000点。

東4局2本場、沢崎が親番で5巡目にリーチ。赤1の【2ピン】【5ピン】待ち(ドラ【5ピン】)。しかし追いかけリーチの黒沢に討ち取られる。ピンフ・ドラ1・赤1の8000点。これで勝又がふたたびトップ目に。

南1局1本場には、勝又がソーズのメンホン、【白】単騎待ちをテンパイしてヤミにかまえる。これに滝沢が捕まって、ドラ1の8000点。勝又がリードを広げる。

勝又は南3局にも【中】を鳴いてドラ2の1300・2600をツモアガリ。トップ固めを盤石にして逃げ切りゴールイン。2着には南2局1本場に沢崎とのリーチ合戦に競り勝ち、マンガンをツモった黒沢が滑り込み。以下、沢崎・滝沢の着順となった。

勝又はインタビューで、

「1戦目、(2着の)松ヶ瀬さんがそうとう悔しがってたので、ここでトップを取りたいと思ってましたんでよかったです。残り30戦ちょっと、全員力を合わせてまずはセミファイナルへ向けて頑張っていきます」

と語った。

【Result】
1着 勝又健志・風林火山 4万2600点/+62.6
2着 黒沢咲・雷電 2万8600点/+8.6
3着 沢崎誠サクラナイツ 2万3100点/▲16.9
4着 滝沢和典麻雀格闘倶楽部 5700点/▲54.3

【Total】
1位 U-NEXT Pirates +265.2(58/90)
2位 EX風林火山 +212.5(58/90)
3位 セガサミーフェニックス +170.9(58/90)
4位 KADOKAWAサクラナイツ +166.4(58/90)
5位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +34.8(58/90)
6位 渋谷ABEMAS +33.6(58/90)
7位 赤坂ドリブンズ ▲187.4(58/90)
8位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲716.0(58/90)

大和証券 Mリーグ 風林火山vsサクラナイツvs麻雀格闘倶楽部vs雷電

詳細情報
EX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsTEAM RAIDEN / 雷電

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2021」
1月14日の対戦はEX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsTEAM RAIDEN / 雷電

キャスト

EX風林火山
KADOKAWAサクラナイツ
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:松嶋桃
解説:藤崎智
レポーター:伊藤友里
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ 風林火山vsサクラナイツvs麻雀格闘倶楽部vs雷電

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!