松ヶ瀬隆弥、メガネ対決を制して個人首位に返り咲く!! 俺がNO.1メガネだ!!

松ヶ瀬隆弥、

メガネ対決を制して

個人首位に返り咲く!!

俺がNO.1メガネだ!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」の開幕54日目、第1戦は松ヶ瀬隆弥EX風林火山)が、トップを獲得。はからずもメガネ4人の対決となった第1試合、近藤を除く3者の競りとなりオーラスで一発ツモのマンガンを決めた松ヶ瀬が6勝目、個人ポイント首位に立った。

第1戦の対局者は、赤坂ドリブンズ丸山奏子渋谷ABEMAS松本吉弘セガサミーフェニックス近藤誠一、そして松ヶ瀬の4名。

東1局は親の近藤と南家・松ヶ瀬のリーチ対決。終盤で近藤が松ヶ瀬の、【2マン】【5マン】【8マン】待ちの【2マン】をつかんで放銃。赤1の2600点、松ヶ瀬のジャブが決まる。

松本のトップ目で迎えた南1局、ドラ1のカン【7マン】待ちでリーチをかけた松本に、4巡後に松ヶ瀬が追いついて追いかけリーチをかける。【2ソウ】が河に4枚見えているところでのチートイツ・赤1・【1ソウ】単騎待ち。松ヶ瀬の読みどおり、近藤の手から【1ソウ】がこぼれて6400点。松ヶ瀬が松本をかわしてトップ目に立つ。

南3局1本場は、南家・松本が【發】【8ピン】【3ピン】とポン。【5ピン】【7ピン】のシャンポン待ちでテンパイ。松本は【7ピン】をツモりあげて2000・4000。松ヶ瀬を再逆転。

オーラス、2000点をアガればトップになる松ヶ瀬は、8巡目にピンフ【6ソウ】【9ソウ】待ちでリーチ。そして【6ソウ】を一発ツモ、ウラが1枚乗って2000・4000。

見事に逆転を決めて松ヶ瀬が、個人6勝目獲得。麻雀格闘倶楽部・伊達を抜いて個人ポイント首位に返り咲いた。

松ヶ瀬はインタビューで、

「チームが貯金をどんどん減らしている状態だったので、なんとかしないとなぁと思っていたところで今日の登板があったので、個人ポイントよりもチームとしてポイントが増えたのがうれしいですね。(メガネ対決について)今日のところは僕がナンバーワンメガネということで」

と語った。

【Result】
1着 松ヶ瀬隆弥・風林火山 3万7900点/+57.9
2着 松本吉弘・ABEMAS 2万7500点/+7.5
3着 丸山奏子・ドリブンズ 2万6500点/▲13.5
4着 近藤誠一・フェニックス 8100点/▲51.9

【Total】
1位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +260.8(54/90)
2位 EX風林火山 +190.8(53/90)
3位 セガサミーフェニックス +156.8(53/90)
4位 KADOKAWAサクラナイツ +127.1(54/90)
5位 U-NEXT Pirates +96.4(54/90)
6位 渋谷ABEMAS +14.0(53/90)
7位 赤坂ドリブンズ ▲232.1(53/90)
8位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲633.8(54/90)

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs風林火山vsABEMASvsフェニックス

詳細情報
赤坂ドリブンズvsEX風林火山vs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックス

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2021」
1月7日の対戦は赤坂ドリブンズvsEX風林火山vs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックス

キャスト

赤坂ドリブンズ
EX風林火山
渋谷ABEMAS
セガサミーフェニックス
実況:松嶋桃
解説:渋川難波
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs風林火山vsABEMASvsフェニックス

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!