瑞原明奈、直近5戦4勝の大活躍!! フェニックスを4位に沈め、パイレーツは2位に浮上!!

瑞原明奈、

直近5戦4勝の大活躍!!

フェニックス・近藤を沈め、

パイレーツは2位に浮上!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」の開幕57日目、第1戦は瑞原明奈U-NEXT Pirates)が、トップを獲得。瑞原は東4局に、ホンイツ小三元・ドラ1のハネマンを近藤から直撃。首位のフェニックスとトップラスを決め、個人首位の座についた。

第1戦の対局者は、赤坂ドリブンズ園田賢渋谷ABEMAS松本吉弘セガサミーフェニックス近藤誠一、そして瑞原の4名。

東1局は園田から松本に5200点、東2局は松本から親の園田に7700点の放銃、点棒の往復で試合開始。

園田の連荘となる1本場、【7ピン】を赤含みのリャンメンで鳴いてタンヤオ・赤2の【6マン】【3ソウ】待ちでテンパイ。すぐさま【6マン】をツモって2000オール。園田が加点に成功。

同2本場、北家・瑞原が8巡目にピンフ・赤2の【6マン】【9マン】待ちの【9マン】を松本から仕留めて8000点。

瑞原は東3局2本場にもドラの【7ソウ】のペンチャン待ちをリーチ・ツモ。1000・2000で園田をかわして瑞原がトップ目に。

東4局、その瑞原に大三元を匂わせる手が入る。5巡目に【中】を鳴いて、ホンイツ小三元のペン【3ソウ】待ちテンパイ。この【3ソウ】を近藤がツモ切ってドラ1の12000点。瑞原が大きくリード。

瑞原リードのまま局はすすみ、オーラスはラス目でラス親の近藤と3着目松本のリーチ合戦に。近藤が松本にリーチ・ピンフイーペーコー・赤1・ウラ1の8000点を放銃、松本3着キープで試合終了。

首位のフェニックス・近藤がラスとなり、2位に浮上したパイレーツとは0.7ポイント差にまで詰め寄られた。また、瑞原は直近の5試合で4勝を獲得。個人首位の座についた。

瑞原はインタビューで、

「(個人首位について)面白くない答えですが、まったく気にしてませんでした。チームポイントが一番(大事)ということと、今近いところに人がたくさんいるのと、例年個人MVPは400ポイントくらいあるのでまだそういう感じじゃないと、意識はしてなかったですね」

と語った。

【Result】
1着 瑞原明奈・パイレーツ 4万8700点/+68.7
2着 園田賢・ドリブンズ 2万4000点/+4.0
3着 松本吉弘・ABEMAS 2万3400点/▲16.6
4着 近藤誠一・フェニックス 3900点/▲56.1

【Total】
1位 セガサミーフェニックス +193.9(57/90)
2位 U-NEXT Pirates +193.2(57/90)
3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +170.0(56/90)
4位 EX風林火山 +124.5(56/90)
5位 KADOKAWAサクラナイツ +112.8(56/90)
6位 渋谷ABEMAS +29.0(57/90)
7位 赤坂ドリブンズ ▲133.8(57/90)
8位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲709.6(56/90)

大和証券 Mリーグ ドリブンズvsABEMASvsフェニックスvs Pirates

詳細情報
赤坂ドリブンズvs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックスvsU-NEXT Pirates

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2021」
1月13日の対戦は赤坂ドリブンズvs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックスvsU-NEXT Pirates

キャスト

赤坂ドリブンズ
渋谷ABEMAS
セガサミーフェニックス
U-NEXT Pirates
実況:日吉辰哉
解説:河野直也
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ ドリブンズvsABEMASvsフェニックスvs Pirates

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!