これぞKONAMI麻雀格闘倶楽部! 高打点飛び交う乱打戦を制した、滝沢和典の絶妙なる間合い【KONAMI麻雀格闘倶楽部最強戦出場選抜マッチ】

東4局。

ホンイツへと向かっていた滝沢が【白】をポン。役をつけて手を進める。

直後、親の高宮がテンパイ。【2ピン】【5ピン】【6ピン】の変則3メンチャンはかなりいい待ちに見える。

だが、高宮の選択はテンパイ取らずの【6ピン】切り。リーチタンヤオの3900では終わらせたくないという思考か。とにかく、思い切った選択である。こういう選択が決まるならば、1日勝負を制することにもつながるだろう。

だが、高宮が好形テンパイを入れる前に、滝沢がドラ【南】を重ねてテンパイ。

さらに1シャンテンが長かった寿人が、ようやくテンパイして【2ソウ】【5ソウ】待ちでリーチをかける。

こうなると高宮としては、受け気味にならざるを得ない。トップ目から高打点で突き放す構想は成就せず。

ここで面白い選択を見せたのが滝沢。寿人が切った1枚目の【南】はスルーしたが、伊達が合わせた2枚目は鳴いて、待ちをペン【7マン】から【9マン】単騎にスイッチ。滝沢いわく、2枚目は鳴こうと思っていたという。

この鳴きでアガリ牌【9マン】を引き入れてハネ満ツモ。結果論だが、【南】を寿人から鳴いていたら、こうはなっていなかった。

最後は、オーラスを4番手で迎えていた伊達。

数牌の並びが非常に良く、いくらでも好形や打点アップが狙えそうな形だけに、5巡目の【4マン】【8マン】のシャンポン待ちテンパイはさすがにとらない。

理想形の一つと言える3メンチャンリーチをかけると、

一発で【3マン】をツモって、リーチ一発ツモタンヤオピンフドラのハネ満。これで伊達は2着まで浮上して、初戦を終えた。

第1戦結果

1着:滝沢和典 +21.5
2着:伊達朱里紗 +7.0
3着:高宮まり ▲3.2
4着:佐々木寿人 ▲25.3

 

【第2戦:逆襲の魔王を切り伏せたバガボンド】

第2戦、初戦4着でビハインドを負った寿人が牙をむく。

東2局1本場、手始めにドラのカン【7ソウ】待ちで先制リーチに踏み切り、高宮の追っかけリーチを受けるも引き勝って満貫ツモ。

迎えた東3局の親番では、マンズの伸びを消して234の三色に固定する、打点を狙った進行を見せる。

この選択にツモがうまくかみ合い、【3ピン】【7ソウ】と引き入れてテンパイし、リーチ。

三色になる高目【4ソウ】をツモ、裏ドラ1枚を乗せてハネ満に仕上げた。初戦のビハインドもなんのその、これでなんと、寿人が滝沢をかわして首位に立った。この爆発力こそ、寿人が魔王たるゆえんである。

連荘した親番ではチートイツの1シャンテンから【4マン】をポン、【東】【中】のダブルバックに構える。首位とは言えまだリードはわずか、この親番で稼げるだけ稼ぎたい。

だが、そうはさせまいと滝沢がリーチをぶつける。字牌を残してスリムにしつつ、捉えるべき牌をしっかりと捉え、一つずつメンツを仕上げてのリャンメン待ち。

寿人もオリない。【1マン】をポンしてテンパイ。ここで目下のライバル・滝沢のリーチを蹴れれば大きい。

このぶつかり合いを制したのは滝沢。寿人の打ち出した【8ソウ】を捉えた。

リーチドラ1、そこに僥倖の裏裏で満貫直撃。このアガリで、再び滝沢がトップに立つ。

南1局2本場、親の滝沢にチャンス手が入る。1メンツで良形ターツがあるところに、2枚目のドラを引いた。4トイツでチートイツも見えるだけに、いったん字牌を置いて【1マン】などを切るような選択もあったかもしれないが・・・

ここはすべての可能性を残す【白】切りで、目いっぱいに構える。

ピンフイーペーコードラ1に仕上げて先制リーチ。ここでの満貫は決定打になり得る。

それを分かっている寿人も、【西】をポンしてカン【6マン】待ちテンパイ。打点も待ちも大きく劣るが、ここで滝沢にアガられてはいよいよ追撃が厳しくなる。ここはリスクを承知で勝負に出た。

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!