ダマテン、リーチ、鳴いての1000点 極上のスマイルと共に提供される 小林剛バリューセット【Mリーグ2022-23観戦記11/3】担当記者:徳岡明信

ダマテン、リーチ、
鳴いての1000点
極上のスマイルと共に提供される
小林剛バリューセット

文・徳岡明信【担当ライター】2022年11月4日

Mリーグ22-23シーズンも早いもので1か月が経過した。
序盤から各チームの明暗がくっきりと分かれた印象ではあった10月。
しかしまだまだ先は長い。この1戦がチームの転機となるかもしれない。
今後の未来を託されたかのような各チームの実力の重鎮達が第2試合に集まった。

第2試合

東家:堀慎吾 (KADOKAWAサクラナイツ)
南家:村上淳 (赤坂ドリブンズ)
西家:勝又健志 (EX風林火山)
北家:小林剛 (U-NEXT Pirates)

小林剛、怒涛の3連続アガリ

東1局1本場

親の堀が【8ソウ】をポン、ソーズのホンイツへ向かう。
手牌には【白】が暗刻、2シャンテンながらしっかりと7700~12000点の打点が見える。

勝又もドラの【4ピン】をトイツで保持したチートイツの1シャンテンだ。
堀のソーズ仕掛けに対してソーズを全て先に払った。攻守兼用のチャンス手だ。

しかしテンパイ一番乗りは小林だ。
満貫確定の【6マン】を引き入れ迷う事無く【4ソウ】を縦におく。
【6マン】引きはダマテンと決めていたのだろう。親の堀のソーズ仕掛けの影でひっそりとピンズテンパイだ。

そして堀がすぐに捕まる。
ヘッドレスのソーズのホンイツの1シャンテンからは流石に【赤5ピン】は止まらないか。

ピンフイーペーコー、ドラ、赤
8000は8300点のアガリで好調な出だしを飾った。
ここまで耐え忍ぶ苦しい登板が続く小林。
厳しい荒波を抜け出し、今シーズン初トップの方角へ面舵いっぱいに切っていく。

続く東2局

好調さは加速を増したか。
配牌から自風でドラの【西】が暗刻だ。
やや形は重たいが仕掛けも効くので問題無し。
何としてもここはアガリに結びつけたい。

堀もリャンメン2つの1シャンテンで臨戦態勢だ。
2枚目の【白】もスルーしてリーチ手順MAXに構えている。【5ピン】の重なりや、【5マン】引きからの横伸びした時の567の3色まで見ている。

前局の8000点の失点をお釣りまでつけて取り返せるか?

「そんなゆったりやってて大丈夫?」
そう言わんばかりに小林が【8ピン】をポン。

更には
【4マン】【4マン】【5ピン】【6ピン】【6ピン】【6ピン】【3ソウ】【西】【西】【西】 ポン【8ピン】【8ピン】【8ピン】
この形から【7ピン】をチーしてテンパイを入れる。
自分の仕掛けに1枚入っている【6ピン】【4マン】のシャンポン待ちは不服なので鳴かない人も多いのではないか?

しかし小林の河が色に目立った捨て牌でも無い為、他家が必要なければ切り出されてもおかしくはない。何よりこの後の好形変化も多い。

小林のテンパイ後に堀も追いつく。
【1ソウ】【4ソウ】【7ソウ】の絶好の3メンチャンだ。何としてもツモアガリが欲しい所だが…。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 『追憶のM』第3巻が12月1日に発売!