園田賢、個人3連勝・ドリブンズも3連勝!! 連続連対でついに7位浮上!!【Mリーグ2022-23 / レギュラーシーズン 】

園田賢、個人連3勝

ドリブンズも3連勝!!

連続連対でついに

7位浮上!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2022-23」の27日目、第2戦は園田賢赤坂ドリブンズ)が、トップを獲得。全12局中6局でアガリを決めた園田が個人3連勝でドリブンズも3連勝。ついに7位に浮上し、長い最下位生活に終止符を打った。

第2戦の対局者は、KONAMI麻雀格闘倶楽部佐々木寿人渋谷ABEMAS多井隆晴TEAM RAIDEN / 雷電・黒沢咲、そして園田の4名。

東1局、【發】【中】と鳴いた園田がホンイツのツモアガリ。まずは2000・4000で園田がリードを奪う。

その後、2600点・2400点とヤミテンのロンアガリで点棒を増やす園田。

じわじわと他家を引き離す園田。そして南3局に決定打が出る。2着目の多井の親番でドラは【2ピン】【4ピン】ポンからホンイツに向けて発進する園田に対し、多井が園田の河に1枚切られている【南】単騎待ちでリーチをかける。園田も【中】を鳴いて【2ピン】【北】のシャンポン待ちでテンパイ。【赤5ピン】が組み込まれているので【北】でもハネマン。

さらに佐々木が赤1の【5ソウ】【8ソウ】待ちでリーチを宣言。そして佐々木の雀頭は【南】。多井の待ちは空。その多井にやってきたツモ牌は【北】

2着目からのハネマン直撃で勝負あり。園田はオーラスの親番で、さらに2600オールを加点して5万点オーバーでフィニッシュ。個人・チーム共に3連勝で、ついに7位浮上を果たした。

園田はインタビューで、

「 一週間で一番勝ったチームに、豪華なお弁当が来るっていうウワサがあるんですよ。これでついに、いや久しぶりですよ、いいお弁当(をいただけるの)もそうですし、単純に辛かったんで。なかなかトップが取れないっていう状況だったんで、めちゃくちゃうれしいですね」

と語った。

【Result】
1着 園田賢・ドリブンズ 5万5300点/+75.3
2着 佐々木寿人麻雀格闘倶楽部 2万700点/+0.7
3着 黒沢咲・雷電 1万8300点/▲21.7
4着 多井隆晴・ABEMAS 5700点/▲54.3

【Total】
1位 渋谷ABEMAS +408.3(28/94)
2位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +146.2(28/94)
3位 EX風林火山 +13.8(26/94)
4位 TEAM RAIDEN / 雷電 ▲79.8(28/94)
5位 U-NEXT Pirates ▲80.2(26/94)
6位 セガサミーフェニックス ▲98.0(26/94)
7位 赤坂ドリブンズ ▲122.2(28/94)
8位 KADOKAWAサクラナイツ ▲188.1(26/94)

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs麻雀格闘倶楽部vs ABEMAS vs雷電 

詳細情報
赤坂ドリブンズvsKONAMI麻雀格闘倶楽部vs 渋谷ABEMASvsTEAM RAIDEN / 雷電

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「この熱狂を”もっと”外へ」。Mリーグ2022-23の戦いはここからはじまる!!新Mリーガー3名を加え、全チーム4名体制、32名でのシーズンとなる。全8チームで各94試合レギュラーシーズンを行い、セミファイナルシリーズではレギュラーシーズン上位6チームで各20試合を実施、ファイナルシリーズはセミファイナルより上位4チームに絞られ、各16試合実施し優勝チームが決定する。2022-23シーズンでは赤坂ドリブンズEX風林火山TEAM雷電がチーム体制変更レギュレーション対象と対象となり、ファイナルステージへ進出しなければ最低1名の入れ替え、または追加によってチーム編成を変更しなければならない。

キャスト

赤坂ドリブンズ
KONAMI麻雀格闘倶楽部
渋谷ABEMAS
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:日吉辰哉
解説:河野直也
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs麻雀格闘倶楽部vs ABEMAS vs雷電

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 『追憶のM』第3巻が12月1日に発売!