東城りお、連続6000オールで2023年初トップ!!【Mリーグ2022-23 / レギュラーシーズン 】

東城りお、

連続6000オールで

2023年初トップ!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2022-23」の58日目、第2戦は東城りおセガサミーフェニックス)が、トップを獲得。東場の親番で連続6000オールのアガリを決めた東城が快勝。4勝目をあげてフェニックスをボーダー戦線に踏み留まらせた。

第2戦の対局者は、赤坂ドリブンズ園田賢EX風林火山勝又健志KADOKAWAサクラナイツ渋川難波、そして東城の4名。

東2局、渋川の【中】・ドラ2・赤1の8000点に放銃した東城だったが、次局の自身の親番では2巡目にリーチをかけてツモアガリ。ピンフイーペーコー・ドラ2・赤1の6000オール。前局の失点を補って余りある収入を得る。

それだけにとどまらず、同1本場では8巡目にリーチをかけて一発ツモ。タンヤオ・ドラ1・赤1の連続6000オール! 一気に5万点オーバーにまで突き抜ける。

2着には、南1局の親番で4000オールを決めた渋川。3着には南3局に、東城からマンガンを直撃した勝又。終始不運に見舞われた園田はラスに沈んだ。

東城はインタビューで、

「今日は全体的に何をやっても、最後の中ぶくれ【8マン】【6マン】のツモなんて信じられないくらいツイてましたね。ほんとにツイてました、ありがとうございました(笑)」

と語った。

【Result】
1着 東城りお・フェニックス 4万7200点/+67.2
2着 渋川難波サクラナイツ 3万1800点/+11.8
3着 勝又健志・風林火山 1万8200点/▲21.8
4着 園田賢・ドリブンズ 2800点/▲57.2

【Total】
1位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +353.6(58/94)
2位 EX風林火山 +290.3(58/94)
3位 渋谷ABEMAS +212.7(58/94)
4位 TEAM RAIDEN / 雷電 +137.7(58/94)
5位 U-NEXT Pirates +76.4(58/94)
6位 KADOKAWAサクラナイツ ▲101.7(58/94)
7位 セガサミーフェニックス ▲386.8(58/94)
8位 赤坂ドリブンズ ▲582.2(58/94)

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs風林火山vsサクラナイツvsフェニックス

詳細情報
赤坂ドリブンズvsEX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvsセガサミーフェニックス

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「この熱狂を”もっと”外へ」。Mリーグ2022-23の戦いはここからはじまる!!新Mリーガー3名を加え、全チーム4名体制、32名でのシーズンとなる。全8チームで各94試合レギュラーシーズンを行い、セミファイナルシリーズではレギュラーシーズン上位6チームで各20試合を実施、ファイナルシリーズはセミファイナルより上位4チームに絞られ、各16試合実施し優勝チームが決定する。2022-23シーズンでは赤坂ドリブンズEX風林火山TEAM雷電がチーム体制変更レギュレーション対象と対象となり、ファイナルステージへ進出しなければ最低1名の入れ替え、または追加によってチーム編成を変更しなければならない。

キャスト

赤坂ドリブンズ
EX風林火山
KADOKAWAサクラナイツ
セガサミーフェニックス
実況:松嶋桃
解説:河野直也
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs風林火山vsサクラナイツvsフェニックス

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 高宮まり撮り下ろし写真集&近代麻雀新刊