東城りお、2連勝で個人6勝目!! ボーダーのサクラナイツまで51.3ポイント!!【Mリーグ2022-23 / レギュラーシーズン 】

東城りお、2連勝で

個人6勝目!!

ボーダーのサクラナイツまで

51.3ポイント!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2022-23」の72日目、第2戦は東城りおセガサミーフェニックス)が、トップを獲得。東場で大逃げを打った東城が余裕の逃げ切りで6勝目。フェニックスは14勝でボーダーのサクラナイツを視界に捉えた。

第2戦の対局者は、赤坂ドリブンズ鈴木たろうEX風林火山二階堂瑠美渋谷ABEMAS多井隆晴、そして東城の4名。

東2局、親の東城が【4ソウ】を暗カンしてタンヤオ【2ピン】【5ピン】待ちでリーチをかけて、一発ツモ。ドラ1・ウラ1の6000オールで一気に東城が抜け出す。

東城は東3局にもピンフ・ドラ2の6巡目リーチをかけて一発ツモ! 3000・6000を加点して6万点オーバーに。東城があっという間にダントツ状態に。

東城はそのまま誰にもトップの座を譲ることなくゴールイン。

2着には南3局1本場に、リーチの多井からホウテイでドラを討ち取った二階堂。以下、鈴木、多井の着順となった。

東城はインタビューで、

「いや〜、めちゃくちゃうれしいです。ありがとうございます! 急に(追い風が)来ましたね。ずっとトップ取り切れない2着だって言ってたところから、年があけてからポンポンとトップが続いてるのでめちゃくちゃうれしいですね」

と語った。

【Result】
1着 東城りお・フェニックス 6万9500点/+89.5
2着 二階堂瑠美・風林火山 3万4100点/+14.1
3着 鈴木たろう・ドリブンズ 6100点/▲33.9
4着 多井隆晴・ABEMAS ▲9700点/▲69.7

【Total】
1位 EX風林火山 +538.9(72/94)
2位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +354.4(72/94)
3位 U-NEXT Pirates +192.0(72/94)
4位 渋谷ABEMAS +100.1(72/94)
5位 TEAM RAIDEN / 雷電 ▲39.5(72/94)
6位 KADOKAWAサクラナイツ ▲279.6(72/94)
7位 セガサミーフェニックス ▲330.9(72/94)
8位 赤坂ドリブンズ ▲535.4(72/94)

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs風林火山vsABEMASvsフェニックス

詳細情報
赤坂ドリブンズvsEX風林火山vs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックス

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「この熱狂を”もっと”外へ」。Mリーグ2022-23の戦いはここからはじまる!!新Mリーガー3名を加え、全チーム4名体制、32名でのシーズンとなる。全8チームで各94試合レギュラーシーズンを行い、セミファイナルシリーズではレギュラーシーズン上位6チームで各20試合を実施、ファイナルシリーズはセミファイナルより上位4チームに絞られ、各16試合実施し優勝チームが決定する。2022-23シーズンでは赤坂ドリブンズEX風林火山TEAM雷電がチーム体制変更レギュレーション対象と対象となり、ファイナルステージへ進出しなければ最低1名の入れ替え、または追加によってチーム編成を変更しなければならない。

キャスト

赤坂ドリブンズ
EX風林火山
渋谷ABEMAS
セガサミーフェニックス
実況:小林未沙
解説:忍田幸夫
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs風林火山vsABEMASvsフェニックス

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀戦術シリーズ新刊/