内川幸太郎、個人3連勝!! 南場の猛攻で東城りおを逆転!!【Mリーグ2022-23 / レギュラーシーズン 】

内川幸太郎、個人3連勝!!

南場の猛攻で

東城りおを逆転!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2022-23」の89日目、第2戦は内川幸太郎KADOKAWAサクラナイツ)が、トップを獲得。東場を耐えた内川が南場で覚醒。独走する東城からハネマンを直撃して逆転。内川が個人3連勝を手にした。

第2戦の対局者は、赤坂ドリブンズ園田賢セガサミーフェニックス東城りおTEAM RAIDEN / 雷電・本田朋広、そして内川の4名。

東2局、南家・東城が先制リーチ。同巡、園田が即座においかけるも東城が一発ツモ。ピンフのドラが雀頭の3000・6000。このアガリが効いて東場は東城の独擅場となる。

南1局、親の内川が5巡目リーチを2巡後にツモアガリ。カン【5ピン】待ち(ドラ【6ピン】)を赤でツモアガってドラ1・赤2の4000オール。内川が2番手につける。

同1本場、内川のピンフ・ドラ1・赤1のヤミテンに本田がとびこんで、内川が5800を追加点。

南2局3本場、東城が5巡目先制リーチの【1マン】【4マン】【7マン】待ち。内川が【白】【4ピン】とポンして対抗。終盤に東城からドラの【5マン】で討ち取り。トイトイ【白】・ドラ3・赤1の12000点で、内川が東城をかわしてトップ逆転。内川がそのまま逃げ切って、個人3連勝。サクラナイツはトータルポイントをプラスに復活させた。

内川はインタビューで、

「残り4戦となりましたけれど、今日も渋川くんとリレーで2・1としばらく連対が続いていてほんとにチーム状況いい感じが続いてると思います。1戦1戦うちのチーム、戦っておりますので、1ポイントでも多く稼いで大きく離れる1位2位を目指したいと思いますので、引き続き応援の方よろしくお願いします」

と語った。

【Result】
1着 内川幸太郎サクラナイツ 5万5900点/+75.9
2着 東城りお・フェニックス 3万800点/+10.8
3着 本田朋広・雷電 1万1100点/▲28.9
4着 園田賢・ドリブンズ 2200点/▲57.8

【Total】
1位 EX風林火山 +665.2(88/94)
2位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +586.1(88/94)
3位 KADOKAWAサクラナイツ +59.2(90/94)
4位 U-NEXT Pirates ▲81.7(88/94)
5位 TEAM RAIDEN / 雷電 ▲97.1(90/94)
6位 渋谷ABEMAS ▲107.1(88/94)
7位 セガサミーフェニックス ▲460.9(90/94)
8位 赤坂ドリブンズ ▲563.7(90/94)

大和証券Mリーグ ドリブンズvsサクラナイツvsフェニックスvs雷電

詳細情報
赤坂ドリブンズvsKADOKAWAサクラナイツvsセガサミーフェニックスvsTEAM RAIDEN / 雷電

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「この熱狂を”もっと”外へ」。Mリーグ2022-23の戦いはここからはじまる!!新Mリーガー3名を加え、全チーム4名体制、32名でのシーズンとなる。全8チームで各94試合レギュラーシーズンを行い、セミファイナルシリーズではレギュラーシーズン上位6チームで各20試合を実施、ファイナルシリーズはセミファイナルより上位4チームに絞られ、各16試合実施し優勝チームが決定する。2022-23シーズンでは赤坂ドリブンズEX風林火山TEAM雷電がチーム体制変更レギュレーション対象と対象となり、ファイナルステージへ進出しなければ最低1名の入れ替え、または追加によってチーム編成を変更しなければならない。

キャスト

赤坂ドリブンズvs
KADOKAWAサクラナイツvs
セガサミーフェニックスvs
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:日吉辰哉
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券Mリーグ ドリブンズvsサクラナイツvsフェニックスvs雷電

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀戦術シリーズ新刊/