ハネマンツモ一閃!! 渋川難波、今季初勝利!! 僅差のオーラスをみごと逃げ切り!!【Mリーグ2023-24 / レギュラーシーズン 】

ハネマンツモ一閃!!

渋川難波、今季初勝利!!

僅差のオーラスを

みごと逃げ切り!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2023-24」の12日目、第1戦は渋川難波KADOKAWAサクラナイツ)が、トップを獲得。平たい展開となった第1試合。南1局にハネマンをツモった渋川が、1度のアガリで逃げ切りトップ。今季3戦目にして、初勝利をもぎ取った。

第1戦の対局者は、EX風林火山勝又健志渋谷ABEMAS松本吉弘BEAST Japanext菅原千瑛、そして渋川の4名。

東1局、南家・松本が【中】アンコの手をリーチして【4ソウ】【7ソウ】待ちを一発ツモ。2000・4000で松本が先制する。

東2局は親の松本と南家・勝又のリーチ合戦。後攻の勝又のペン【3ピン】待ちの勝利。松本から討ち取ってドラ1・赤1の5200点。勝又がトップ目に。

南1局、北家の渋川が門前でねばって終盤にテンパイ。ピンフタンヤオイーペーコー・赤2の【4ピン】【7ピン】待ち。このヤミテンを18巡目にツモアガリ。3000・6000で一気に渋川がトップ目に躍り出る。

渋川が微差のトップ目で迎えたオーラス、3着目の松本がカン【3マン】待ちでリーチ。松本はツモってウラ1でトップまで望める位置。そして4着目の菅原がこの手に飛び込んで試合終了。ウラドラなしで松本は2着止まり、逃げ切りで渋川が今季初勝利を手にした。

渋川はインタビューで、

「今日は2つ作戦を用意してきたんですよ。1つは頭の中で解説をしながら打って、解説者・渋川という気持ちで冷静に打とうと心がけました。もう1つは、チームメイトから”ちょっとかかりすぎてないか”と言われたので、今日はどうしてもトップという気持ちは抑えて無理だったら2着・3着でいいやという仏の心で、勝負手以外は我慢しようと決めたのが、結果的にかなり良かったかなと」

と語った。

【Result】
1着 渋川難波サクラナイツ 2万9700点/+49.7
2着 松本吉弘・ABEMAS 2万5500点/+5.5
3着 勝又健志・風林火山 2万3800点/▲16.2
4着 菅原千瑛・BEAST 2万1000点/▲39.0

【Total】
1位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +358.7(10/96)
2位 TEAM RAIDEN / 雷電 +133.1(12/96)
3位 赤坂ドリブンズ +39.7(10/96)
4位 U-NEXT Pirates +6.9(10/96)
5位 KADOKAWAサクラナイツ ▲8.5(9/96)
6位 BEAST Japanext ▲40.3(9/96)
7位 渋谷ABEMAS ▲119.1(11/96)
8位 セガサミーフェニックス ▲130.0(10/96)
9位 EX風林火山 ▲240.5(11/96)

大和証券 Mリーグ 風林火山vsサクラナイツvsABEMASvsBEAST

10月6日(金) 19:00 〜 10月7日(土) 00:00

詳細情報
EX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvs渋谷ABEMASvsBEAST Japanext

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「この熱狂を”もっと”外へ」Mリーグ2023-24の戦いはここからはじまる
今期より新チーム「BEAST Japanext(ビーストジャパネクスト)」を加えた9チーム、新Mリーガー7名の誕生、計36名でのシーズンとなる。
2023-24シーズンでは新レギュレーションが適用され、KADOKAWAサクラナイツU-NEXT Piratesがチーム体制変更レギュレーション対象となり、
セミファイナルステージへ進出しなければ最低1名の入れ替えによってチーム編成を変更しなければならない。
賞金5000万円と優勝シャーレの栄光を手にするチームはどこだ?!

キャスト

EX風林火山
KADOKAWAサクラナイツ
渋谷ABEMAS
BEAST Japanext
実況:松嶋桃
解説:朝倉康心
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ 風林火山vsサクラナイツvsABEMASvsBEAST

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \ほぼ毎日4コマ 最新④巻 好評発売中!/