変わる黄色の遺伝子 TEAM雷電 #黒沢咲 が仕掛けた4局【Mリーグ2023-24観戦記 2/8】担当記者 #後藤哲冶

【1ソウ】【4ソウ】【4ピン】【7ピン】がなかなか入らないが、ここでドラの【3ソウ】を引いて来る。
これで、イーシャンテンの形が広くなった。

リーチ者の瑠美から、【5ソウ】が出る。

「ポン」

黒沢が動いた。今日初めての副露。
この【5ソウ】をポンして、【4ピン】【7ピン】のテンパイ。
ドラドラ赤で8000点が確約されており、トップ者瑠美がリーチしていることから、直撃すら狙うことができる。
ここは打点もあって攻めのポンだ。

瑠美も、そのポン直後にドラの【3ソウ】を持ってきてこの表情だ。
黒沢のこの仕掛けは、安いことがあまり無さそうな故に、このドラは肝が冷えただろう。

ホウテイ手前で【5ソウ】を加カンして嶺上開花を狙うも、アガリには繋がらず。
瑠美と黒沢の2人テンパイでの流局となった。

小林の1000、2000のアガリを挟んで、第2試合は南場へ。

後が無い魚谷が、この形から【1ピン】の暗槓。
どうせ退路が無いのなら、早めにカンをして、どこのくっつきも逃さない。
リーチに全力で向かう姿勢だ。

「ポン」

この日2度目の、黒沢のポン発声。
魚谷の暗槓によって黒沢の手がドラ爆弾になっていた。
元ドラ【8ピン】の新ドラ【6ピン】
タンヤオドラ5の12000テンパイが、黒沢に入る。

魚谷も追い付いた。
【4マン】【7マン】待ちでリーチを打つ。
このリーチ時点で、黒沢の待ちのカン【6マン】は2枚、魚谷の【4マン】【7マン】は3枚残っていた。

魚谷も黒沢も、決死の思いで牌を捲(めく)る。
レギュラーシーズンも終盤。互いに、ボーダー争いにいるチーム。ここからは、譲れない勝負が続く。

が、この局も痛み分け。
終盤にテンパイを入れた瑠美も含めて、3人テンパイでの流局となった。

1本場、依然として譲ることができない親番中、魚谷の手が止まる。
【9ソウ】を引いてうっすらと一気通貫が見えたが、どちらにせよ厳しい手牌であるのは間違いない。

ひとつ息を吐いて、魚谷が切り出したのは【赤5マン】だった。
どうせ先制リーチは厳しそうなら、三色と一気通貫をどっちも見て、仕掛けられるようにシフトする選択。

直後、小林から大物手のリーチが入る。
ツモれば3000、6000からの、【3ピン】【6ピン】待ち。

魚谷が瑠美から出た【7ソウ】をチーして粘る。【4ソウ】【5ソウ】は全く通っていないが、目をぐっと閉じて押していく。
この親番を逃せば、着順上昇はもう見込めなくなる。

しかし無慈悲にも、小林が【6ピン】をツモ。3000、6000の加点で、4着目魚谷を大きく突き放す。
小林とてチームはプラスなものの、個人はマイナスで厳しいポイント状況。
負けられないのは、皆同じ。
これで、魚谷の親番が落ちてしまった。

南2局

この日3度目の黒沢のポン発声。
今度はドラの【4マン】のポンから。
縦系の手役に狙いを絞ってはいたが、この手格好から黒沢がポンをするのは珍しい。
もう親の小林に2副露が入っており、メンゼンでは間に合わない+小林に対する圧かけもあったか。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀戦術シリーズ新刊/