未来は僕らの手の中 丸山奏子がドリブンズにもたらした圧倒的福音っ…!【Mリーグ2020観戦記2/2】担当記者:ZERO

未来は僕らの手の中 

丸山奏子がドリブンズに

もたらした圧倒的福音っ…!

文・ZERO【火曜担当ライター】2021年2月2日

気が付けば地の獄…っ!

空気が凍てつき

牌の音鳴り響く

Mリーグ対局場…っ!

 

1月13日に戦列を離れた丸山奏子が、約3週間ぶりの時を経てMリーグの舞台に復帰したっ…!

いつの間にかチームのポイントは-214.9pt

2月2日 第1試合

東家 丸山奏子赤坂ドリブンズ

南家 茅森早香セガサミーフェニックス

西家 滝沢和典EX風林火山

北家 萩原聖人TEAM雷電

まさにカットライン戦線の真っ只中。
うかうかしていたら、今季もセミファイナルを前にドリブンズの名前が消えてしまう。

だめっ…!
2年連続はだめっ…!

1回なら「麻雀だからそういうこともあるよね」と世間の目も優しい。
しかし2年連続となるとアウツ…!

期待値至上主義のチームが浮かばれない。

昨年、丸山自身が体験している。
ボーダー以下のチームに対する、激しい抑え込みをっ…!

一度落ちたら浮かび上がることは容易ではない。
それを痛いくらいに体験しているのだっ…!。

まさにドリブンズが立っているのは地の獄っ…!

だからこそ…

だからこそ、この半荘勝たねば。

人生の全ては自らで勝ち取るものっ…!

勝たなきゃ誰かの養分…!。

ポイントは命より重い…!

そう胸に秘して卓についた直後だった。

親番で始まった丸山はこの配牌。↓

ドラが2つあって悪くない。
スタートとしてはまずまずか…?

これを

こうまとめ上げ、先制リーチすることに成功。

リーチドラ3の大物手だ。

が…ダメッ!

直後に

追っかけリーチが飛んでくるっ…!

リーチの主は

トータルポイント264.4位

女帝、茅森早香

親に追っかけてくるくらいだからいい待ちに決まっている!

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!