Mリーグに足りなかったもの…みんな二階堂亜樹の笑顔が見たかった‼︎【熱論!Mリーグ】

熱論!Mリーグ【Fri】

Mリーグに足りなかったもの…

みんな二階堂亜樹の

笑顔が見たかった‼︎

文・masasio【遊軍ライター】2018年10月19日

Mリーグが開幕して、3回目の週末を迎えた。

日に日に寒さは増していくが、戦いはどんどん熱くなっていく一方である。

そんな熱い対局の模様を少しでもお伝えできればと思うので、どうか皆様最後までお付き合い願います。

では早速順位表を見てみよう。

首位のABEMASが少し抜けている。

ほかのチームはこれ以上走られないようにしたいところだろう。

1戦1戦気の抜けない戦いが続く。

 

さて、本日は上位4チームの対戦となった。

Mリーグは80戦の長丁場。

各チーム試合数は違うが、まだまだ序盤戦といったところ。

どの選手も「まだまだ順位は気にせずに・・・」などとコメントしているが、心の中では並々ならぬ闘志を燃やしているに違いない。

好ゲームを期待しよう。

本日の解説は、解説としては初登場

 

アサピ・・・いや朝倉康心プロ。

何を隠そう私もネットマージャン天鳳をプレイしている身。

朝倉プロは私にとってまさに神様。天上人。

そんな朝倉プロの解説を聞くことができるなんて、なんて素晴らしいんだMリーグ。

では早速対局を見ていこう。

 

1回戦

明暗を分けた二人の「最速」

対戦カードはこちら

 

多井、二階堂、村上はどちらかといえば、重厚で守備よりな打ち手。

対する魚谷は「最速マーメイド」の愛称の通り、鳴きを多用する打ち筋だ。

前日に女流初トップを決めて勢いに乗るマーメイド魚谷。今日も上位チームを相手に最速で泳ぎ切れるか?

1

その魚谷に最速でテンパイが入る。

 

待ちのピンフのみ。

ここは当然リーチかと思いきや、ダマテン。

切り出す牌がドラののため、ポンされては大変ということだろう。

はポンされず、今度こそ安心してリーチ・・・

せず。

引きの三色や引きのタンヤオの手替わりを見てのことだろう。

速くアガるだけでは無く、高打点を狙っていく。

結局、村上からリーチが入るが1000点でかわし切る。

速いだけじゃないところを見せた魚谷まずまずのスタート。

3

北家 亜樹

 

5巡目にペンチャンのをチー

ホンイツ七対子もあったが積極的に仕掛けていく。

続いてもポン。

鋭い仕掛けで早くもイーシャンテン。

今度は魚谷

 

上家からを切られて・・・

 

この表情。

門前でいけば高打点も見込めそうだが、亜樹の2フーロがあってはやむなしか。

ポンしてドラのを切って進めていく。

しかし亜樹に無筋のを持ってきてギブアップ。

中抜きしてオリていく。堅い。

このまま亜樹がテンパイできるかの勝負かと思いきや、突如打ち出された!!!

打ち出したのは、村上。

配牌こそ

 

バラバラだったが、丁寧に打ち進め

 

うおおおおおおお!!!!

を切って亜樹がポン。

待ちでようやくテンパイが入る。

対する村上もをポンしてを勝負!!!

 

解説の朝倉プロも「このは尋常じゃない牌です!!」と大興奮。

村上の超大物手さく裂かと思われたが、ここは流局。

亜樹の鋭い仕掛け、村上の強烈な押し、魚谷の仕掛けからのオリ。

見どころ満載の局になったが、注目したいのは、もう一人の「最速」多井。

村上の序盤の切り出し、亜樹、魚谷の仕掛けに対応してイーシャンテンからをつかむと、しっかりオリに回った。

微差のトップ目ということもあっただろうが、この見切りの良さはさすがである。

続いて東4局

2人の「最速」が対照的で面白い。

最速最強、多井

 

もう終盤だが上家の村上から出たをスルー!

ドラのはもう出ているが、テンパイを取らなかった。

おそらく2巡前にを打ってきた亜樹に対応してのことだろう。

相変わらずの堅さだが、「最速」の要素が見当たらないんだが・・・

対照的なのはもう一人の最速魚谷

 間に合わないとみると・・・

リャンメンからあっさりチー。

村上からリーチが入るが、をツモり最速のアガリを決める。

最速マーメイドの名に偽りなし。

1

かなり接戦で迎えた後半戦。

「最速」の冠に疑問符がついてきた多井。

今度は仕掛ける。

 

をスルーして1枚目のからポン

すぐに2枚目のも鳴けて今度こそ最速のテンパイ。

朝倉プロ「イーシャンテンのようなテンパイですね」

ようやく「最速」の面目躍如かと思いきや、この男はただの最速ではなかった

すぐにを引いてトイトイへ変化。

捨て牌にはがあり、待ちのは完全に盲点になっている。

また1枚スルーしていることで、トイトイの可能性も少し減っている。

仕掛けに対してベタオリしていた亜樹からを打ち取り大きな7700

多井隆晴「最速最強」の面目躍如。

朝倉プロ「このは本当に止まりません!!」

11本場

まずは親の多井

 

三色赤1の7700ダマテン

続いて村上

 

朝倉プロ「世にも珍しい村上のチーですね。」

もちろん門前でいきたい手だが3枚見えを見てチー。

すると・・・

 

うおおおおおおお!!!!(2回目)

昨日女流初トップを決めた魚谷、初役満も決めるのか??

さらに亜樹も参戦!!

 

フリテンを解消してテンパイ!

多井 1枚

亜樹 2枚

魚谷 1枚

村上 0枚

この激熱な勝負の行方は・・・

魚谷がをつかみ、亜樹に2000点の放銃。

ならカンできたのだが、唯一放銃になる牌を引いてきてしまった。

待ちは山にあったのだが初役満はおあずけとなった。

結局この半荘は南3局に村上の早くて高い3メンチャンのマンガンに放銃してしまった魚谷が痛い痛いラス。

 

何とも悲しい・・・

トップは速さこそ感じられなかったが、堅実な守備から要所で効果的なアガリを決めた多井。

魚谷は「最速マーメイド」の名の通り、らしい仕掛けを随所に見せてくれたが、ここ一番でアガれず、ラス。

二人の最速が明暗を分けた結果となった。

 

 

 

2回戦

待ちに待った・・・

対戦カードはこちら

 

1回戦目不完全燃焼の亜樹が連戦。

他チームはメンバーを変更してきた。

朝倉プロ「先ほどと違って、松本、近藤、園田は踏み込みが強いタイプなので、めくり合いが多くなりそうです。」

2

まずは西家の園田が魅せる

この手から上家の亜樹のに合わせて打

 

朝倉プロ「園田は形が決まっていないところからトイトイに向かっていくのがうまい打ち手ですが、今回の場合は4トイツあるとはいえちょっと・・・」

しかしここからをポンしてこの形

 

トイトイやん!!

さらに・・・

ざわ・・

ざわざわ・・・

 

うおおおおおおお!!!!!(3回目)

この後、近藤からリーチが入るが、をツモアガリ。

大きな大きな1300/2600

第1打目のはペンチャン落としではなく、1枚見えていて重なりにくい牌を切っただけだったのか・・・

狙い通りを重ねてのツモアガリ。

配牌からの構想に脱帽。園田にしかアガれないまさにオリジナルなアガリ!!!

素晴らしい!!!

31本場

またしても園田

バックで軽快に仕掛けていくが・・・

 

仕掛けている近藤が手替わり。

それを受けた園田

 

をツモると、ノータイムでテンパイを崩す!!!

朝倉プロ「これは分かりません・・・後で聞いてみます」

確かにソーズは危ない。

が園田の目から見て4枚見えてしまい、カンからへの手替わりに見えるといえば見える。

理屈で考えれば確かにそうなのだが、普通ちょっとは考えませんかね・・・

結局、最後は園田からを打ちとった近藤の2300のアガリとなったが

ノータイムでの一打はお見事。

 

 続く東4局も親の園田

4巡目にしてこのリーチ。

この半荘は園田のものかと思われたが、そこに立ちはだかったのが亜樹。

 唯一の現物を抜き打たず、通りそうなで粘り、は勝負。

そして分岐点。

は園田への放銃だが、ここはへのくっつきもみて打で粘る。

すると狙い通りがくっつき安全にテンパイ。

園田のもまだ残っている。

勝つのは園田か、亜樹か・・・・

アガったのは

 

安パイに困っていた松本のトイツ落としのをとらえた亜樹!

大きな8000!

その後、南入してからも、近藤の早い親リーチに対し安全牌を丁寧に打って粘り・・・

 

うおおおおおお!!!!!(4回目)

リーチ者近藤から6400の出アガリ。

これはさすがに決まったか??

いや、亜樹は不安だったに違いない。

この日まで何度もトップ目に立ちながらも、ことごとくまくられる展開。

近藤相手に屈辱的なアガリ逃しをして、ホンローチートイに放銃し、逆転を許したのは記憶に新しい。

ましてラス親は先日箱下から奇跡の復活を決めた、あの園田。

この程度ではセーフティーリードとは言えない。

今度こそ、今度こそトップが欲しい・・・

そんな思いで取ったオーラスの配牌は、今までどんなにつらい展開でも、一生懸命に最善を尽くしてきた亜樹へのご褒美だった。

 

おめでとう!!二階堂亜樹!!

みんなあなたの笑顔が見たかった!!

masasio

天鳳8段、元雀荘のメンバー。ライター初挑戦のニューフェイス。Twitter→こちら