Mリーグに足りなかったもの…みんな二階堂亜樹の笑顔が見たかった‼︎【熱論!Mリーグ】




熱論!Mリーグ【Fri】

Mリーグに足りなかったもの…

みんな二階堂亜樹の

笑顔が見たかった‼︎

文・masasio【遊軍ライター】2018年10月19日

Mリーグが開幕して、3回目の週末を迎えた。

日に日に寒さは増していくが、戦いはどんどん熱くなっていく一方である。

そんな熱い対局の模様を少しでもお伝えできればと思うので、どうか皆様最後までお付き合い願います。

では早速順位表を見てみよう。

首位のABEMASが少し抜けている。

ほかのチームはこれ以上走られないようにしたいところだろう。

1戦1戦気の抜けない戦いが続く。

 

さて、本日は上位4チームの対戦となった。

Mリーグは80戦の長丁場。

各チーム試合数は違うが、まだまだ序盤戦といったところ。

どの選手も「まだまだ順位は気にせずに・・・」などとコメントしているが、心の中では並々ならぬ闘志を燃やしているに違いない。

好ゲームを期待しよう。

本日の解説は、解説としては初登場

 

アサピ・・・いや朝倉康心プロ。

何を隠そう私もネットマージャン天鳳をプレイしている身。

朝倉プロは私にとってまさに神様。天上人。

そんな朝倉プロの解説を聞くことができるなんて、なんて素晴らしいんだMリーグ。

では早速対局を見ていこう。

 

1回戦

明暗を分けた二人の「最速」

対戦カードはこちら

 

多井、二階堂、村上はどちらかといえば、重厚で守備よりな打ち手。

対する魚谷は「最速マーメイド」の愛称の通り、鳴きを多用する打ち筋だ。

前日に女流初トップを決めて勢いに乗るマーメイド魚谷。今日も上位チームを相手に最速で泳ぎ切れるか?

1

その魚谷に最速でテンパイが入る。

 

待ちのピンフのみ。

ここは当然リーチかと思いきや、ダマテン。

切り出す牌がドラののため、ポンされては大変ということだろう。

はポンされず、今度こそ安心してリーチ・・・

せず。

引きの三色や引きのタンヤオの手替わりを見てのことだろう。

速くアガるだけでは無く、高打点を狙っていく。

結局、村上からリーチが入るが1000点でかわし切る。

速いだけじゃないところを見せた魚谷まずまずのスタート。

3

北家 亜樹

 

5巡目にペンチャンのをチー

ホンイツ七対子もあったが積極的に仕掛けていく。

続いてもポン。

鋭い仕掛けで早くもイーシャンテン。

今度は魚谷

 

上家からを切られて・・・

 

この表情。

門前でいけば高打点も見込めそうだが、亜樹の2フーロがあってはやむなしか。

ポンしてドラのを切って進めていく。

しかし亜樹に無筋のを持ってきてギブアップ。