麻雀最強戦2019男子プレミアトーナメント「王者の底力」観戦記【決勝卓】マエストロから阿修羅へ…内川幸太郎が掴んだ“王者の手順”

東2局1本場

連荘の井出好配牌。

 

この手なら井出もリーチしそうだ。

アガリは時間の問題か。

しかしともたけがらしさを見せる。

ここからを切っていきドラ色のホンイツに照準を合わせる。

一方親の井出は・・・

雀頭のがカンツになってしまった。

形はツモ切りが広いが井出はノータイムでカン!!

これにも驚いた。

カンによる打点アップとソーズ模様のともたけへのけん制もあったのだろうか。

面白い選択を見せてくれたが、結局テンパイすら入らなかった。

この局は見切りよくホンイツに向かったともたけがカンドラも乗って大きな3000/6000のアガリ。

内川をかわしてトップ目に立つ。

続く東3局もともたけがらしさ全開だ。

 

こちらの配牌に第1ツモが

何を切るか手が止まりそうだが、ともたけはノータイムで

今度は純チャン目指して一直線。

ツモが効いて6巡目にリーチ。

変則的な捨て牌だが、待ちは絞り切れない。

アガれれば非常に大きい。

しかしすぐに井出が追いつく。

役もドラもないが追いかけリーチに踏み切った。

ここでともたけにアガられると厳しくなるので勝負をかけた。

待ちの枚数はほぼ互角だったが、軍配は井出に上がった。

点数こそ安いがともたけ独走に待ったをかける大きなアガリになった。

流局をはさんで南1局

ここまで出番のなかった山井がドラトイツのチャンス手でをポン

この手がアガれればまだまだ勝負は分からなくなる。

さらに親のともたけがをポン。

 

こちらは親の連荘狙い。

は表示牌に1枚出ているので鳴かないともう無い。

2軒の仕掛けに挟まれた内川。

絶好のを引いて少考。

 

を切ればの3メンチャン待ちでリーチが打てる。

しかしを切ればチンイツのイーシャンテン。

仕掛けてもマンガンが確定している。

悩むところだが・・・

 

 

場を見渡してリーチに踏み切った。

解説の森山プロは「僕は絶対を切っちゃう」と仰っていたが、これは2人の仕掛け、特に山井の仕掛けの影響が大きいだろう。

点数がない中での1鳴きなのでドラトイツの可能性が高くなっており、のんびりできないと判断した。

これは好判断だったと思う。

山井も懸命に仕掛けて聴牌を入れたが・・・

 

内川が高めのをツモアガリ3000/6000

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!