セガサミーフェニックス・茅森早香 戦える形までリーチは我慢!ラス目でもブレない柔軟なヤミテン選択【Mリーガー29人の名手】

フェニックス・茅森早香

戦える形までリーチは我慢!

ラス目でもブレない

柔軟なヤミテン選択

【Mリーガー29人の名手】

Mリーグ2019 11/28

第1試合 東3局1本場 供託×1 ドラ

東家 沢崎誠サクラナイツ

31700

南家 瀬戸熊直樹TEAM雷電

17400

西家 茅森早香セガサミーフェニックス

13900

北家 白鳥翔渋谷ABEMAS

36000

トップ目の白鳥がポン、

そこに親の沢崎からリーチ。

これを受けて南家・瀬戸熊も食いを入れて臨戦態勢。

そんななか、ラス目の茅森も追いついた。ドラも赤もない安手だが、茅森ははたしてここでどう打ったか?

 

 

「戦える形になるまでリーチは我慢」

茅森は打でヤミテン。役はないので当然出アガリは利かないが、その不利をあえて受け入れた。親リーチとそれに攻め返している2人に立ち向かうには、それなりの価値がある手になってからというわけだ。理想はツモの3メン待ち、次はツモか。いずれも高目一通のピンフになるまでリーチは我慢だ。

 

直後、茅森はを引いて打待ちでピンフはついたが、最終形ではないので「かわし」のヤミテン継続。あくまでかわし手なので無筋を引けばオリである。

 

が、この局は危険牌を掴まず、そのまま沢崎からロン。打ち手によっては最初のノベタンで追っかける人もいるが、それはリスクのわりに見返りは小さい。ラス目でも焦らず沈着冷静な茅森らしい打ちまわしであった。

 
Mリーガー全29人の

名手を収録した

小冊子付き「近代麻雀」

発売中‼︎

 

東川亮

赤入り麻雀、東天紅(三人麻雀)などを愛する、さいたま市在住の麻雀ファン。本業はフリーのライター。飯田橋にあるセット雀荘「麻雀ロン」にて、オーナーである麻雀解説者・梶本琢程氏との接点が生まれ、その縁をきっかけとしてキンマWebにてライター活動を開始した。
ひがし@Twitter

この記事のタイトルとURLをコピーする

ツイッターでも毎日情報を発信中!