魚谷侑未、 驚異のチーム5連勝!! 首位を捉える大躍進!!

魚谷侑未、
驚異のチーム5連勝!!
首位を捉える大躍進!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2019」の55日目第1戦は、魚谷侑未セガサミーフェニックス)がトップを獲得。フェニックスは昨年末からの連勝がついに5連勝になり、一気に首位を伺うポイントとなった。

1回戦の対局者は、EX風林火山勝又健志渋谷ABEMAS白鳥翔TEAM雷電黒沢咲、そして魚谷。

開局は黒沢の1300オールをアガり、迎えた東1局1本場。魚谷の大物手が成就する。

8巡目にリーチをかけて、11巡目にツモアガリ。タンヤオピンフ・高目イーペーコー・ドラ2の3000・6000の大きなアガリで魚谷がリードを築く。

次局も魚谷は、親の白鳥からタンヤオ・ドラ2・赤1を討ち取って早々にダントツ体勢に。

しかし南1局、親の黒沢のリーチに終盤テンパイを入れ直して現物のない魚谷は、テンパイを取って黒沢に放銃してしまう。ピンフ・ウラ1の5800点。黒沢が魚谷に肉薄する。

南3局、ここから魚谷が突き放しにかかる。魚谷は悪配牌から、マンズに寄せてポン、を両面チーと仕掛けてホンイツ・ドラ2のテンパイ。

これにリーチをかけた黒沢がカン待ちに放銃。8000点プラスリーチ棒を得て、再び魚谷が一強に。

オーラス、めげずに黒沢がリーチをかけるも、またも魚谷に放銃。メンホンのヤミテン、9600点を献上して、黒沢はラスに転落。

これで魚谷が、チーム5連勝を勝ち取った。

勝利者インタビューで魚谷は「(チーム5連勝について)やったーって感じで、嬉しいです(笑)。4連勝した日に次、魚谷と言われて少しだけ(プレッシャーが)ありましたが、5連勝よりもチームのためを思って打ちました」と語った。

【Result】
1着 魚谷侑未・フェニックス 5万4500点/+74.5
2着 勝又健志・風林火山 3万2200点/+12.2
3着 白鳥翔・ABEMAS 8300点/▲31.7
4着 黒沢咲・雷電 5000点/▲55.0

【Total】
1位 KADOKAWAサクラナイツ +273.9(54/90)
2位 セガサミーフェニックス +233.4(55/90)
3位 渋谷ABEMAS +103.5(55/90)
4位 TEAM雷電 +40.5(55/90)
5位 EX風林火山 ▲54.1(55/90)
6位 U-NEXT Pirates ▲60.5(54/90)
7位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲74.3(54/90)
8位 赤坂ドリブンズ ▲462.5(54/90)

「大和証券 Mリーグ2019」

1月10日の対戦は
風林火山 vs ABEMAS vs フェニックス vs 雷電

キャスト

EX風林火山
渋谷ABEMAS
セガサミーフェニックス
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:松嶋桃
解説:小林剛
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE
大和証券 Mリーグ2019 EX風林火山vs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックスvsTEAM RAIDEN / 雷電

  • 雀荘感想キャンペーン
    Twitterで”毎日”麻雀情報を発信中!