黒沢咲、セレブリティな親っパネ!! 監督の指令に応える、みごとなトップで8勝目!!

黒沢咲、
セレブリティな親っパネ!!
監督の指令に応える、
みごとなトップで8勝目!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2019」の74日目第1戦は、黒沢咲TEAM雷電)がトップを獲得。

黒沢は東3局の親番で、メンホン・・赤1の親のハネマンをツモアガると、後は高みの見物。庶民の争いをよそに、オーラスをヤミテンで締めて8勝目を獲得。1戦目ラスだった瀬戸熊の仇討ちに成功した。

1回戦の対局者は、U-NEXT Pirates朝倉康心渋谷ABEMAS松本吉弘KADOKAWAサクラナイツ内川幸太郎、そして黒沢。

東1局、黒沢はをポンして赤1の500・1000をアガって優雅な立ち上がり。

そして東3局の親番では、松本のリーチを受けて、メンホン・チートイツのテンパイとらずからの、メンホン・・赤1・ツモの6000オールで一気に高みに駆け上がる。

以降は下々の争いをよそに、高みの見物。

南4局の松本の親リーチを、黒沢がピンフ・ドラ1・赤1の3900を朝倉からアガって試合終了。

好調・黒沢の8勝目獲得となった。

勝利者インタビューで黒沢は「1戦目、瀬戸熊さんが苦しい戦いを強いられて、頑張ろうと思ってたんですけど、監督指令で”でかいトップを取ってこい!”と言われて凄いプレッシャーをかけられたんですけど、大きいとは言えないですけれどトップを取れてホッとしてますと語った。

【Result】
1着 黒沢咲・雷電 4万500点/+60.5
2着 朝倉康心・パイレーツ 2万6500点/+6.5
3着 内川幸太郎サクラナイツ 2万5400点/▲14.6
4着 松本吉弘・ABEMAS 7600点/▲52.4

【Total】
1位 セガサミーフェニックス +413.3(74/90)
2位 KADOKAWAサクラナイツ +106.7(76/90)
3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +45.4(74/90)
4位 渋谷ABEMAS +20.2(76/90)
5位 TEAM雷電 +16.1(76/90)
6位 U-NEXT Pirates ▲38.1(76/90)
7位 赤坂ドリブンズ ▲244.1(74/90)
8位 EX風林火山 ▲339.5(74/90)

「大和証券 Mリーグ2019」

2月13日の対戦は
Pirates vs 雷電 vs ABEMAS vs サクラナイツ

キャスト

U-NEXT Pirates
TEAM RAIDEN / 雷電
渋谷ABEMAS
KADOKAWAサクラナイツ
実況:日吉辰哉
解説:勝又健志
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE
大和証券 Mリーグ2019 U-NEXT Pirates vs TEAM RAIDEN/雷電 vs 渋谷ABEMAS vs KADOKAWAサクラナイツ

この記事のタイトルとURLをコピーする

ツイッターでも毎日情報を発信中!