ボーダー争い大一番!ぼくの鳴きはあんなに軽くない 天才・園田賢の大復活劇!【熱論!Mリーグ】担当記者:ZERO

熱論!Mリーグ【Tue】

ボーダー争い大一番!

ぼくの鳴きは

あんなに軽くない

天才・園田賢の大復活劇!

文・ZERO【火曜担当ライター】2020年3月3

「大一番」

優勝などの行方にかかわる大事な勝負のこと

まさしく大一番。

この日の持つ意味がとても重いものになることはわかっていた。

セミファイナル進出ボーダーを争うU-NEXT Pirateと赤坂ドリブンズの差が13.2pt。この2チームの直接対決は今日が最後なのだ。おそらくあと4半荘で、この2チームのどちらかが姿を消すだろう。

しかし、昨年も思ったが、なぜこの「残留争い」というのは激しく盛り上がるのだろう。妙な話、ファイナルよりも面白く、観戦にも力が入り、多くの人が感動していると思う。

思うに、麻雀が「敗者のゲーム」だからかもしれない。麻雀は4人に1人しかトップが獲れないし、大会やリーグ戦なんかも勝者は基本的に1人だ。また、運の要素が強い競技だけに、どんな強者でも運命には抗えないケースが多い。

そういった麻雀の持つゲーム性が、敗者の悲運を目立たせ、我々の共感を呼ぶのかもしれない。

そんな大事な大事な一日。

私はスターティングメンバーを見ただけで、胸が熱くなってきた。

ドリブンズは園田賢、Pirateは朝倉康心、ともに直近不調と言える2人だ。

それでもこの日のメンバーに選ばれるということは、監督・チーム・ファンからの信頼が大きいからに違いない。それは多井、魚谷にも言えることだ。

直接対決第1ラウンドを制すのは園田か朝倉か?

1戦目

東家 園田賢赤坂ドリブンズ

南家 魚谷侑未セガサミーフェニックス

西家 多井隆晴渋谷ABEMAS

北家 朝倉康心U-NEXTパイレーツ

東1局

親の園田の手牌がコチラ。

園田はこの手牌からを残して、をツモ切った。よく見ると前巡にはダブを切っている。

解説では

が全方向に安全だから残しているんですね」

と言っていたが、私は違うと思う。

もちろん安全という要素もあるのだが、を引いた最速のリーチを逃したくないのが一番の理由だと推測する。

は山にごっそりいそうだ。

その後、イッツードラドラのテンパイを入れた園田…

をチーしています)

ここでリャンメン待ちに変わったが、がフリテン。しかもそのは3枚場に見えている。しかし園田は構わずを切ってフリテンに受ける。

この終盤になると、いかに筋とは言えは打たれ辛いのと、残り1枚のが赤であることが大きいのだろう。フリテンに受けたゆえの5800出アガリ逃しは妥協できても、フリテンに受けなかったがゆえの4000オールは逃せない…といった思考だ。

これをツモって2000オールで開幕。

それにしても雰囲気が重い。

各選手、この半荘の持つ意味を熟知していて、一打のミスもしまい、という雰囲気がモニター越しに伝わってくるようだった。

東1局1本場

アガった園田にまた分岐点。

ダブ・受けの広い・ドラそばの、という3枚のくっつき牌から1枚選ばないといけない場面。1枚切れのダブを見切ると思って見ていたら…

園田はを切った!

たしかにを残すと、2巡目にを切っているので、フリテンになってしまう恐れがある。それにしてもと比べたら受けの広さは雲泥の差で、園田がいかに高打点を意識しているかがわかる選択だ。

こんなことを思い出した。

園田とノーマーク爆牌党の話で盛り上がったときのこと、私が何の気もなしに

「園田さんは爆牌党のキャラで言うと、鎌板地迅(よく鳴くキャラ)ですね」

この記事のタイトルとURLをコピーする
毎日麻雀情報を発信しています!